地震時の非常用持ち出しバッグの準備方法とご家族同士の安否確認方法

地震や災害で家などが被害にあって安全な場所に避難する場合の非常用のバッグの準備内容についてしらべました。

災害時や地震時に、いつでもすぐに避難できるようにあらかじめ常時に持ち出すべきものをリュックやバッグに準備しておきましょう^^

スポンサードリンク

非常用にあらかじめバッグに用意しておくもの

まずは非常用に準備しておくものを確認しましょう^^

  1. 飲料水
  2. 食料品(カップめん、缶詰、ビスケット、チョコレートなど)
  3. 貴重品(預金通帳、印鑑、現金、健康保険証など)
  4. 救急用品(ばんそうこう、包帯、消毒液、常備薬など)
  5. ヘルメット、防災ずきん
  6. マスク
  7. 軍手
  8. 懐中電灯
  9. 衣類
  10. 下着
  11. 毛布、タオル
  12. 携帯ラジオ、予備電池
  13. 携帯電話の充電器
  14. 使い捨てカイロ
  15. ウェットティッシュ
  16. 洗面用具
  17. 携帯トイレなど

※乳児のいるご家庭は、ミルク・紙おむつ・ほ乳びんなども用意しておきましょう。

バッグやリュックは1人分づつ分けて用意しておきましょう。

ご家族同士の安否確認方法

地震が起こった場合に家族が別々の場所にいるときの安否確認方法を確認していきましょう^^

日ごろから事前に話し合いをし、安否確認の方法や集合場所などを決めておきましょう。

災害や地震発生時は携帯電などはつながりにくくなります。

家族と連絡が取れない場合は以下のサービスを利用するようにしましょう。

スポンサードリンク

災害用伝言ダイヤル

局番なしの「171」に電話をかけると伝言を録音できます。

自分の電話番号を知っている家族などが伝言を再生できるようになってます。

※一般加入電話や公衆電話、一部のIP電話からご利用できます。
※携帯電話・PHSからもご利用できます。

⇒ 『171〜災害用伝言ダイヤル』動画

災害時、被災地の安否情報を求めて大量の電話が殺到し、電話が繋がりにくくなることがあります。このような時、円滑に、そして確実に安否確認できる手段が、災害用伝言ダイヤル171。一体どんなものなのか、その使用法などを紹介します。

(引用元:政府インターネットテレビ)

災害用伝言板

こちらは携帯電話やインターネットサービスを利用して文字を登録できるサービスです。

自分の電話番号をしってる家族などが情報を確認できます。

⇒ 『災害用伝言板

震災時には、安否確認のための電話やメールが殺到し、回線が一杯で繋がりにくくなります。そこで、有効な手段として「災害伝言板」「災害伝言ダイヤル」などが設けられています。今回は、携帯電話から使用できる「災害伝言板」をとりあげます。いざというときの備えに、お役立て下さい。

(引用元:政府インターネットテレビ)

「大阪府北部を震源とする地震で大阪ガスは6月18日、高槻市と茨木市内の10万8000戸に対してガスの供給を停止しています。」 ...
今日の朝、大阪全域で震度6弱の地震があった。 地震により電気やガスのライフラインや電車などの交通に影響が出ている。 ...

スポンサーリンク




あわせて読みたい



この記事が気に入ってもらえたらシェアをお願いします

フォローする

スポンサーリンク