ひょっこりはんとは?早稲田で学部はどこ?大谷亮平とCMで共演

こんにちは!

ナインティナインの番組『おもしろ荘』から人気上昇中の『ひょっこりはん』!

「はい!ひょっこりはん!」

という言葉と一緒に姿を現すネタが一度見れば、その独特の世界に引き込まれ癖になるという人が続出です。

2018年ブレイク芸人になっている『ひょっこりはん』について気になる事を確認

していきましょう^^

スポンサードリンク

ひょっこりはんはどんな人?

まずは『ひょっこりはん』のプロフィールなど確認していきましょう^^

「芸名は『ひょっこりはんです。」

「本名は宮下聡(みやした さとし)さんと言うようです。」

「生年月日は1987年4月28日で年齢は2018年現在31歳です。」

「出身地は滋賀県守山市ですね。」

血液型はB型で身長は174cmです。」

「事務所はよしもとクリエイティブ・エージェンシーですね」

「『ひょっこりはん』はNSC東京校の18期生で同期は『おばたのお兄さん』、『レインボー』がいますねw」

「今年の『おもしろ荘』の優勝は『レインボー』さんだったので同期に負けたんですね^^;」

「でも結果的には2018年ブレイクしたのは間違いなく『にょっこりはん』ですよねw」

「2013年にNSC東京校を卒業後して『ダイリキ』というコンビを結成してますw」

「その後、2016年にコンビ名を「トロフィーズ」に改名しましたが、3月には解散w」

「それからはピン芸人『ひょっこりはん』として活動をしてますねw」

スポンサードリンク

ひょっこりはんの高校や大学は?

続いては『ひょっこりはん』の学歴について確認していきましょう^^

「高校は地元の滋賀県立草津東高等学校を卒業してますねw」

「実は私も実家は滋賀県ですw」

「しかもこの高校、家から近いし友達も通ってました。」

「大学は早稲田大学で学部は人間科学部ですねw」

「人間科学部ってどんな学部なんですかね?」

「調べたのでのせときますw」

人間科学部(にんげんかがくぶ)は、人文学が人間の作り上げてきた総合的な文化に関する学問であるとして、その諸文化を紡ぎ上げてきた人間自身を対象に生命科学、行動科学、生物学、人類学、社会学、心理学、教育学、哲学、医学などの多種多様な学問領域を跨いで教育・研究する大学の教育課程である。略称は人科(じんか)。

本来、人間科学というのは、フランスにおいて古くから追求されてきた「シアン・ジュメンヌ」(Sciences Humaines: 人間についての科学)の流れを汲んでいる。1960年代から1980年代にかけて欧米の多くの大学で新設された「Human Sciences」という学問領域の日本語訳であり、古典的文脈での人文科学に限らない学問領域である。その一方では、人間・文化・環境・情報・国際・総合など、時代を彩る人気の言葉が入った学部・学科・専攻名が表面的に好まれる風潮が昨今高まっており、「人間科学」という言葉が原義とは関係なく氾濫している傾向があるとの指摘もある。

(引用元:wikipedia)

「う~ん、具体的になにを勉強するのか、わからないですね^^;」

「大早稲田大学では『お笑い工房LUDO(ルード)』に所属し高校の友達と『エニグマ』と言うコンビで活動してますねw」

「『お笑い工房LUDO(ルード)』は早稲田大学のサークルの1つですが、月に1回はライブをして週に2回は部会でネタ見せなどもおこなっていたようですw」

「大学時代からがんばっていたんですねw」

「2018年まだまだブレイクの波も収まりそうにないので、努力が報われてよかったですw」

スポンサードリンク

大谷亮平さんとCM共演したの?

では大谷亮平さんとのCM共演について確認していきましょう^^

「まあ結論から言うと共演されてますねw」

「では話題のCMをみてみましょう^^」

(出典:Youtube)

「UHA味覚糖のグミ「コロロ」のCMですねw」

「イケメン俳優の大谷亮平さんと共演なんて間違いなくブレイクしてますねw」

こんにちは! 2018年ブレイク真っ最中のお笑い芸人『ひょっこりはん』が個人運営の音楽素材サイト「MusMus」から著...

まとめ

今回はCMやドラマに大活躍の『ひょっこりはん』について確認してみました。

早稲田大学人間科学部卒業のインテリ芸人で、だれでもマネできるネタの単純さが2018年ブレイクの理由と言われています。

そんな『ひょっこりはん』の今後に注目して応援していきたいと思います。

では、最後までお付き合い頂きありがとうございました☆彡

この記事も読まれてます。

こんにちは! R1グランプリファイナリストで可愛い女芸人と人気上昇中の河邑ミクさんが、「世界の村のどエライさん【ギリシャ奇跡の...

スポンサーリンク




あわせて読みたい



この記事が気に入ってもらえたらシェアをお願いします

フォローする

スポンサーリンク