ジェンキンス夫妻とジェフリーのアメリカホテル殺人事件の真犯人はだれ?【アンビリバボー】

ジェンキンス夫妻とジェフリーのアメリカホテル殺人事件の犯人はだれ?【アンビリバボー】

こんにちは!きさらんです。

2018年11月22日放送の【アンビリバボー】でアメリカ・ノースカロライナ州のホテルで発生した連続殺人事件が特集されます。

呪われた225号室で起こった事件。

被害にあったのは母親の母ジニーさんとジェフリー君。

そして1カ月半前にも宿泊していたジェンキンス夫婦

どちらも外傷は無く心臓が止まるという謎の自然死。

死因は急性心不全とのこと。

呪いの225号室で何が起こったのか?

連続殺人鬼の正体は?

いったい犯人はだれなのか?

アメリカ・ノースカロライナで発生したアメリカホテル連続殺人事件の真相を調べてみたいと思います。

では早速、確認していきましょう。

スポンサードリンク

ジェンキンス夫妻とジェフリーのアメリカホテル殺人事件とは?

事件はアメリカ・ノースカロライナ州ブーン(North Carolina Boone)で2013年6月8日に発生しました。

現場はベストウェスタン・プラス・ブルーリッジプラザ225号室

ベストウェスタン・プラス・ブルーリッジプラザはホテルチェーンのベストウェスタンホテルの系列ホテルです。

被害にあったのはサウスカロライナから家族で来ていた当時11歳のジェフリー・リー・ウィリアムズ(Jeffrey Lee Williams)くんと母親である49歳のジェニー(Jeannie Williams)さん。

ジェニーさんとジェフリーくん画像

(ジェニーさんとジェフリーくん)

2人は部屋で倒れてるところを発見されました。

発見時、ジェフリーくんはすでに亡くなられてたとの事。

母親であるジェニーさんは重体で病院へと搬送されました。

そして緊急手術の結果、奇跡的に一命を取り留めたそうです。

実はこのベストウェスタン・プラス・ブルーリッジプラザでは2カ月ほど前の4月16日にも宿泊していたジェンキンス夫妻が1時間足らずで相次いで亡くなられていたとの事。

しかも同じ225号室で・・・

ジェンキンス夫妻画像

(ジェンキンス夫妻)

同じ部屋で同じ死因で3人もお亡くなりになるなんて呪われた225号室と言われてもしょうがないえですね。

と言うか2ヵ月前にジェンキンス夫妻がお亡くなりになっている部屋を使用していることに疑問を感じますね。

この事実を知っていたらきっとジェニーさんとジェフリーくんの親子も宿泊してないと思います。

自分なら絶対に宿泊しませんねw

実際のこの事件を知ったジェンキンス夫妻の息子さんであるダグ・ジェンキンスさんも怒ってホテルを訴えようとしていたそうですからw

それにしても不思議な事件です。

一体、呪いの225号室で何が起こったんでしょうか?

オペラ座の怪人のように犯人がホテル内に住み着いていてこの部屋のお客さんの狙ったのでしょうか?

謎が深まりますね。

スポンサードリンク

一命ををとりとめたジェニーさんの話によると2人は宿泊当初はホテルで快適に過ごしておられたようです。

そして夜になり寝る準備をするためにジェニーさんは浴室へ。

ジェフリーくんはゲームをして遊んでいたとこ事。

ですが浴室で準備をしていたジェニーさん。

突如、気分が悪くなり意識を失いそうになったそうです。

慌てて助けを呼ぼうと携帯電話を取ろうとしますが・・・

助けを呼ぶ前に意識が無くなってしまったとの事。

その結果、ジェフリーくんはその夜に亡くなりジェニーさんは14時間後に重体で発見されたそうです。

2人の身に何が起こったんでしょうね。

毒ガスにいる犯行?

ウィルス兵器や化学薬品などによる犯行も考えられます。

お亡くなりになった3人に共通することは3人とも外傷はなく死因は心不全によるものだという事。

心不全とは

心臓のポンプとしての働きが低下して、全身の臓器に必要な血液量を送ることができなくなった状態をいいます。 心不全は一つの疾患ではありません。 心臓のさまざまな疾患(虚血性心疾患、心筋症、弁膜症など)が最終的に至る症候群を意味します。 心臓のポンプ機能が低下すると、心臓だけでなく全身にいろいろな症状が現れます。

引用:https://www.jhf.or.jp/heartnews/vol34.html

心不全になる主な原因

心臓の筋肉を養っている血管(冠動脈)が詰まってしまう心筋梗塞や狭心症、動脈硬化や塩分の摂り過ぎなどが原因の高血圧、心臓の部屋を分けている逆流防止弁が障害される弁膜症、心臓の筋肉に異常が起こる心筋症、拍動のリズムが異常になる不整脈、先天的な心臓の病気など様々な疾患が原因となって生じます。

引用:www.ncvc.go.jp/hospital/pub/knowledge/disease/heart-failure.html

心不全になる原因はいろいろありますが70代の高齢であったジェンキンス夫妻や49歳のジェニーさんならまだ何かの原因で心不全になったと考えられますが・・・

11歳で健康であったジェフリーくんが心不全に突然なるとは考えにくいですね。

この事件にはきっと病気的な要因ではなく別の原因があると思いますね。

スポンサードリンク

ジェンキンス夫妻とジェフリーのアメリカホテル殺人事件の犯人はだれ?

では病気的な要因でなければアメリカ・ノースカロライナ州のホテルで起こったこの事件の犯人はだれなんでしょうか?

詳しく調べてみると原因は一酸化炭素中毒による心不全だという事です。

よく練炭を使って自殺に見せかけるやつですねw

原因が一酸化炭素中毒と言う事なら犯人はホテルの従業員?

またはホテルに潜んでいる連続殺人鬼?

地元メディアの取材の内容によると部屋からは一酸化炭素が検出されたとの事。

そしてこの呪いの225号室はホテルにある温水プールの水を温める為のガスヒーターの真上にあるという事が判明したそうです。

そして衝撃の原因はガスヒーターのパイプが腐っていて、そこから一酸化炭素が漏れていたとの事。

その漏れた一酸化炭素が防火壁の穴を通って呪いの225号室に充満した事が原因だそうです。

人による犯行ではなかったんですね。

スポンサードリンク

ただジェンキンス夫妻が亡くなられたあと、ジェフリーくんが亡くなるまで約2カ月の期間がありますよね。

その間、他にも宿泊客はいたと思います。

つまり常に漏れていたと言う事ではんあいようですね。

そうなると誰かが故意にパイプに穴をあけったり埋めたりもできたわけです。

そうなると連続殺人鬼の存在の可能性もあるんじゃないかと思いますね。

この事件は事故や過失といった内容で終わっていますが、実は隠れた真実があるのかもしれません。

パイプに完全に穴が開いていたら毎日、225号室は一酸化炭素が充満するはずですかんらねw

そういう意味で真犯人は別にいる可能性はあると思います。

きっと真実は闇の中という事になりますね。

そう考えると怖い話ですよね。

推理小説やミステリードラマなら真実が明らかになって犯人が逮捕されるか亡くなるという感じのエンディングでしょうね。

ですがこれは現実なのでコナン君が出てきて真犯人を見つけてくれるわけもなく事故と言う事で完結しますね。

実際に事故の可能性が一番高いのは事実ですかんらね。

アメリカ・ノースカロライナ州のホテル連続殺人事件の犯人はガスヒーターの整備不良による一酸化炭素中毒と言う事です。

お亡くなりになったジェンキンス夫妻とジェフリー君は事故と言うことになります。

スポンサードリンク

密かに話題のミステリー記事

スポンサードリンク (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); ...
スポンサードリンク (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); ...
スポンサードリンク (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); ...

さいごに

今回の記事が参考になった方は下のボタンを押してSNSで紹介をお願い致します。

尚、記事の間違いや更に詳しく調査してほしい事などはコメント欄へお願い致します。

では、最後までお付き合い頂きありがとうございました☆彡

スポンサーリンク




あわせて読みたい



この記事が気に入ってもらえたらシェアをお願いします

フォローする

スポンサーリンク