【マツコの知らない世界】鈴木隆祐(青春食堂)家族や仕事は?本(著書)プロフ紹介

こんにちは!

全国の名門高校の近くにある飲食店を訪ね歩き、自身の青春を取り戻そうとしている男・鈴木隆祐さんがマツコの知らない世界に登場です。

鈴木隆祐さんが語る『青春食堂の世界胸を揺さぶる感動エピソードの数々に、マツコの人生観かわる?

マツコさんの人生観を変えるエピソードを持つ鈴木隆祐さんについて確認していきましょう

「鈴木隆祐さんってどんな人?」

「鈴木隆祐さん結婚してるの?」

「鈴木隆祐さんの仕事は?」

「鈴木隆祐さん本(著書)紹介」

などなど

みなさんも一緒に確認していきましょう^^

スポンサードリンク

鈴木隆祐さんってどんな人?

では鈴木隆祐さんのプロフィールや経歴を確認していきましょう^^

「お名前は鈴木隆祐さんです。」

「読み方はずずき りゅうすけ。」

「りゅうすけってカッコいい名前ですねw」

「生年月日は1966年

「年齢は51歳ですね」

「正確な生年月日が公表されないないのでわかる範囲でお伝えします。」

「出身地は長野県北佐久郡軽井沢町です」

「現住所は東京都」

「職業はジャーナリスト

「高校は明治学院東村山高校

「大学は法政大学文学部日本文学科

「趣味は登山野球観戦食べ歩き

「鈴木隆祐さんは長野生まれですが東京育ちで、大学在学中から出版社で雑誌の編集の仕事をしていたそうです。」

「卒業後は月刊誌や週刊誌の編集などをしながら、全国の名門高校の近くにある飲食店を200店以上食べ歩き本などを出版されています。」

スポンサードリンク

鈴木隆祐さんは結婚しているの?

では鈴木隆祐さんが結婚しているのか確認していきましょう^^

「鈴木隆祐さんの家族について調べてみましたが、プライベートな情報はありませんでした。」

「年齢的には結婚してお子さんがいる可能性が高いですが、特に情報はありません^^;」

「もしかするとお孫さんもいらっしゃるかもしれないですねw」

こんにちは! 20年以上化石にときめいている男・宮田真也さんが『マツコの知らない世界』に登場です。 ...

鈴木隆祐さんの仕事は?

続いては鈴木隆祐さんの仕事を確認していきましょう^^

「鈴木隆祐さんの仕事について調べてみました。」

「鈴木隆祐さんの仕事はフリーのジャーナリストのようです。」

「月刊誌や週刊誌、ムック本などの執筆活動をされているようです。」

「鈴木隆祐さんの出版本は主にグルメ本が多いようです。」

趣味が食べ歩きとなってましたが、単なる趣味ではなく仕事も兼ねて全国の名門高の近くにある食堂を回っているんですねw

スポンサードリンク

鈴木隆祐さんの本(著書)紹介

では鈴木隆祐さんの本(著書)について確認していきましょう^^

名門高校 青春グルメ

北は北海道から南は九州まで、全国の名門高校を訪ね、食べ歩いた青春の味。それは失われゆく日本の生活の味、そのものだった!名門校に名門グルメあり!!全国に残る、青春ソウルフード、200軒以上一挙公開!

(出典:lohaco.jp)

「今回マツコさんに紹介されていた本ですねw」

「マツコさんの人生観を変えるほどの青春食堂の世界がわかるかもしれないですねw」

「気になる方は是非読んでみてください^^」

東京B級グルメ放浪記 知られざる名店を探せ!

首都・東京は巨大な胃袋だ。美食家をうならせる有名店も多いが、やはりご近所に愛される昔ながらの食堂が何より。基準は一食1000円以下。小鉢が選べる定食屋、さくさくフライの洋食屋、独身男には嬉しい野菜たっぷり中華など、気ままで楽しい極上メシ。さらに、トルコライスや肉丼、魯肉飯など、ディープなB級メニューの新トレンドも調査する。洋食・中華・定食と食べ歩いた350店以上。

(出典:lohaco.jp)

「B級グルメって美味しいですよねw」

「今まで知らなかった美味しものが見つかるかもですw」

愛しの街場中華 東京B級グルメ放浪記

はじめて訪れる街を歩く時、いつも「中華料理」と染め抜かれた赤い暖簾を探している自分がいた…。町の中華料理屋こと「街場中華」に魅せられてウン十年。フリーライターの著者が、孤独な胃袋を抱え、今日は半チャンラーメン、明日はレバニラと、東京の中華を西へ東へ食べ歩く。食事のお供は、もちろん瓶ビール。読めば、満腹感間違いナシ!

(出典:lohaco.jp)

「いいですね、町の中華料理屋さん」

「酢豚や餃子、ハンチャンラーメンセットとか頼んでしましますw」

東京実用食堂

(出典:lohaco.jp)

とっておきの店を数え上げたら、共通項は「ファミレスっぽい」?
ガチで今を生きるメシ屋は「安い・早い・ガッツリ」の三拍子揃い、満艦飾のメニューがお約束──までは昭和レトロ食堂と変わらないが、おいしさと濃やかなサービスはさらに問われる要素。だからこそ、家族連れでも賑わい、人品卑しからぬ夫婦連れもそこで息抜きをしている。言うなれば、それこそが昭和後期の外食DNA。これを受け継いだ、「街場ファミレス」ともいうべき実用食堂はかくも健闘している!

(引用元:amazon.co.jp)

「鈴木隆祐さんの著書でしたが、どれも読んだら食べに行ってみたくなる感じですねw」

「気になる方は是非読んで頂いて食べに行って見てください^^」

スポンサードリンク

まとめ

今回は『青春食堂の世界』を熱く語る鈴木隆祐さんについて気になる事を確認しました。

鈴木隆祐さんの著書はどれも読んでみたくなるものばかりでした。

私がグルメ系の本が好きなだけですが・・・

鈴木隆祐さんの今後の活躍を応援していきたいと思います。

では、最後までお付き合い頂きありがとうございました☆彡

この記事を読まれた方はこちらの記事も読まれてます。

こんにちは! バター好きのマツコ・デラックスの番組にバターマニアが登場です。 「マツコの知らない世界」に...

スポンサーリンク




あわせて読みたい



この記事が気に入ってもらえたらシェアをお願いします

フォローする

スポンサーリンク