佐々木潤(ピアノ)のクリスマスツリーが凄い!wiki経歴に姉が可愛くて曲が感動!【マツコ】

佐々木潤(ピアノ)のクリスマスツリーが凄い!wiki経歴に姉が可愛くて曲が感動!【マツコ】

こんばんは!きさらんです。

12月に入りクリスマスシーズンですね。

クリスマスと言えば・・・

チキンにケーキ

クリスマスディナー

クリスマスプレゼント

そしてクリスマスツリー

などです。

そして街中を歩けばイルミネーション

とクリスマスツリーでキレイです。

もちろん家で飾る

クリスマスツリーも奇麗で

飾り付けも楽しいですねw

と言うわけで

今週の【マツコの知らない世界】は

マツコの知らない

クリスマスツリーの世界!

クリスマスツリーコレクターの

佐々木潤さんが出演されます。

マツコさんにクリスマスツリー

の魅力を語ってくれるようです。

200本以上のクリスマスツリーを

コーディネートしてきた

佐々木潤さんが進化した家で飾る

クリスマスツリーの選び方や

オーメンの飾り方などを教えて

くれるそうです。

200本以上って凄いですね。

佐々木潤さんってどんな方なんでしょね。

今回は佐々木潤さんについて

調べていきたいと思います。

では早速、確認していきましょう。

スポンサードリンク

佐々木潤(ピアノ)のwikiプロフィールに経歴

出典 :vimeo.com

名前:佐々木潤

ふりがな:ささき じゅん

生年月日:1977年1月30日

年齢:41歳(2018年12月時点)

出身:千葉県

職業:ピアニスト

所属団体:レインボーミュージックジャパン

佐々木潤さんは1977年生まれの41歳です。

実家は千葉県柏市にある

柏グローリーチャペルという教会

で父親が神父さんをさえている

そうです。

家が教会と言う事はクリスチャン

と言う事でクリスマスツリーとも

関係がありますね。

佐々木潤さんは小さい時は

イギリスはハワイなどの外国で

育ったとの事。

海外育ちってカッコいいですね。

佐々木潤さんがクリスマスツリー

に興味を持ったのは24歳の時。

なんでも駅でクリスマスイブの夜

に撤去されたオーナメントを大量に

貰って、それを実家の教会で飾り

なおした時に幸せを感じた事が

クリスマスツリーにハマった

キッカケのようです。

そして現在はツリーコーディネーター

として活動されてます。

スポンサードリンク

佐々木潤(ピアノ)の姉が可愛!姉弟ユニットで曲が最高!

佐々木潤さんは

ツリーコーディネーターとして

だけでなくミュージシャンとしても

活動されてます。

7歳の頃からピアノを始められた

佐々木潤さん。

中学2年生の時に小学3年生の子が

作曲していると聞いて衝撃を受けた

そうです。

そして自身も作曲をするように

なったとのこと。

そして大学時代に立ち上げた

【レインボーミュージックジャパン】

という団体で姉である佐々木静さん

と姉弟ユニットとして活動しています。

佐々木潤さんがピアノ担当で姉の

静さんがボーカル担当です。

主に教会などでコンサートをして

いるとこ事。

こちらが姉の静さんです。

出典 :vimeo.com

キレイと言うか可愛い方ですね。

基本的に美男美女です。

佐々木潤さんの曲や静さんの歌を

聴きましたが心に響く素敵な音楽でした。

クリスマスの奇跡 from “The GIFT” Christmas Album

出典 :Youtube

You are Precious by Rainbow Music Japan

出典 :Youtube

出典 :Youtube

素敵な曲ですね。

声も澄んでいて心が洗われる

ような歌声です。

スポンサードリンク

佐々木潤(ピアノ)のクリスマスツリーが凄い!

では佐々木潤さんがコーディネート

したクリスマスツリーを見ていきましょう。

どれも幻想的でキレイですね。

私の家でもクリスマスツリーは

飾りますがこんなにキレイではないですw

スポンサードリンク

密かに話題の記事

スポンサードリンク (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); ...
こんにちは! みんさんはhinataちゃんをご存じですか? ひなたちゃんやひなちゃんと呼ばれてますが・・...
平岩紙の激やせは病気!?ブラックスキャンダルで痩せたと話題!真相は? こんにちは!きさらんです。 201...

さいごに

今回の記事が参考になった方は下のボタンを押してSNSで紹介をお願い致します。

尚、記事の間違いや更に詳しく調査してほしい事などはコメント欄へお願い致します。

では、最後までお付き合い頂きありがとうございました☆彡

スポンサーリンク




あわせて読みたい



この記事が気に入ってもらえたらシェアをお願いします

フォローする

スポンサーリンク