ゆかりの小雪(柴乃小雪) はブレイクするの?ねこ好き?インスタ、ツイッター調べてみた【アウトデラックス】

こんにちは!

ゆかりの小雪 さんが『アウト×デラックス』にに出演!!

『友達が1人もいない元タカラジェンヌ”として、ゆかりの小雪が登場!他の追随を許さぬハイテンション&マシンガントークぶりに矢部も思わず「アウト~!」。本当に彼女は宝塚にいたのか?キャラ設定は詐称なのか?謎多き彼女に矢部&マツコ&山里から疑惑の目が向けられる…。』

ゆかりの小雪さんは元宝塚歌劇団の紫乃小雪さんが改名してタレント活動をしているようですね

そんな ゆかりの小雪 がどんな人か気になったのでInstagram(インスタグラム)やTwitter(ツイッター)を調べてみました。

スポンサードリンク

ゆかりの小雪はどんな人?

(出典:starray-p.com)

【芸名】ゆかりの小雪

【旧芸名】紫乃小雪

【愛称】小雪

【生年月日】1993年9月8日

【出身地】大阪府大阪市

【身長】160cm

【血液型】O型

【趣味】おしゃべり・YouTube鑑賞

【特技】歌・芝居・芸人のギャグまね

【やりたい事】ローションスライダー

【習い事】バレエ・ピアノ・日本舞踊・英語・ダンス

ゆかりの小雪さんが 宝塚音楽学校に入学されたのが2010年4月で、2年後の2012年3月に98期生として 宝塚歌劇団に入団されてます。

そして2013年2月に月組に配属されて活躍されましたが、2017年10月に 宝塚歌劇団を退団されました

退団された理由については、ネットで調べたら結婚するとか子供がいるとかいっぱいでてきましたが、そんな事実はありませんでした^^;

たぶん、芸能活動をやりたかったんじゃないでしょうかねw

実際、スターレイプロダクションに所属して、最近はバラエティー番組にもよくでてますからね。

やりたいことがローションスライダー特技が芸人のギャグまねって、もうバラエティーをやりたいんでしょう^^

ゆかりの小雪さんは小さい頃から舞台で踊ることや歌うことが好きで、学生時代はコーラス部に所属していたそうです!

宝塚歌劇団に入団するキッカケは2002年花組公演「琥珀色の雨にぬれて/Coocktail」を初めて観劇して 自分も舞台に立ちたいと思うようになったのがキッカケだそうです。

自分の夢を叶えるってすごいですよねw

今は宝塚を退団して スターレイプロダクションに所属するタレントさんとして活動中されてます。

ゆかりの小雪さんはブレイクするのか?

やりたいことがローションスライダーとか特技が芸人のギャグまねとか、若手芸人みたいですね。

芸人のギャグまねの動画は無かったんですが、Tiktokの動画はインスタグラムにありました。

めっちゃ可愛いですw

性格もかなり明るい感じでバラエティ向きです

大阪出身で個性的なキャラっぽいですし、明るいキャラを活かしていけばブレイクしそうですね。

事務所もあの大ブレイクしたりゅうちぇるさんとか、最近、イッテQやバラエティに出演して注目されている谷まりあさんも所属しているスターレイプロダクションですから、事務所の影響力とかありそうですし、いろんな番組に出演させてもらえれば、ゆかりの小雪さんがブレイクする可能性も十分にあるのではないでしょうか。

ゆかりの小雪さんもかなりいいキャラをしているようですし、これからの活躍が楽しみですね。

スポンサードリンク

ゆかりの小雪さんはねこ好き?

噂ではねこ好きと言うことですが、どうなのか調べてきました。

ついでに普段の素顔なんかわかればいいですね^^

ちなみに本名は正式には公表されてませんが、一部、宝塚の名簿のようなものがネットにでてましたね。

それによると柳瀬佑紀(やなせゆうき)を言うそうです。
まあ、ネットに出てた情報なので本当かはわかりませんが・・・

ゆかりの小雪さんのねこの画像ありましたよw

めっちゃ可愛いですね。

名前はみるちゃんとこゆちゃんです。

噂通りねこが大好きなようです。

まとめ

今回はゆかりの小雪さんについていろいろ調べてみました。

大阪出身で明るく バラエティ向き の性格、性的なキャラ、事務所の力などを活かせればブレイクする可能性は十分にあります。

ゆかりの小雪さんの今後の活躍に注目していきたいですねw

またねこ好きの噂も本当でしたね^^

みるちゃんとこゆちゃんの2匹のねこの写真がツイッターインスタグラムにでてました。

めっちゃ可愛いねこちゃんでした^^

では、最後までお付き合い頂きありがとうございました☆彡

こちらの記事も読まれてます。

こんにちは! 山ちゃんのことが好きすぎる外務省のカワイイ大使"として、原宿系クリエーター・モデルの木村優さんが...

スポンサーリンク




あわせて読みたい



この記事が気に入ってもらえたらシェアをお願いします

フォローする

スポンサーリンク