『ただ離婚してないだけ(ただリコ)』最終回12話ネタバレ感想とあらすじ!柿野夫妻が迎える悲しすぎる結末とは?

ただ離婚してないだけ

『ただ離婚してないだけ(ただリコ)』最終回12話ネタバレ感想とあらすじ!柿野夫妻が迎える悲しすぎる結末とは?

『ただ離婚してないだけ(ただリコ)』最終回12話ネタバレ感想とあらすじ!柿野夫妻が迎える悲しすぎる結末とは?

 

ドラマ【ただ離婚してないだけ】通称【ただリコ】第12話が9月29日(水)の深夜 0:00 〜 0:40に放送されます。

人気漫画の実写化となったただリコは、「結婚生活7年目を迎えた、ただ離婚してないだけの冷え切った夫婦」による”最恐”の不倫サスペンス!

ついに最終回です。

最後の最後に仁科が登場するあたり、ラスボス感が半端ないですね。

原作とも違った、どんなラストを迎えるのでしょうか?

この記事はこんな人におすすめ!

・【ただ離婚してないだけ】最終回12話のネタバレあらすじが知りたい!

・【ただリコ】の最終回12話を見た感想は?

 

このページでは【ただ離婚してないだけ】の最終回12話ネタバレあらすじ最終回12を見た私の感想と他の視聴者様の感想に最終回12話見どころをまとめました。

【ただ離婚してないだけ(ただリコ)】前回までのあらすじ

ただ離婚してないだけ】の第12話が放送されます。まずは、前回までのあらすじを見ていきましょう。

なんとしてでも逃げ切るという決意とは裏腹に、まるで現実逃避をしたかのような旅行を楽しんでいた柿野夫妻。

しかし佐野が死んだことを知り、安堵して家へと戻ります。

ただそれは仁科の罠で、柿野夫妻を誘き出そうと仕組んだことでした。

佐野を殺し、敢えて身元をわかるようにして夫婦を誘き出した。

その直前に蒼甫からも襲われて心が再び落ちかけてた正隆は、この仁科の襲来によってさらに動揺を大きくします。

そんな正隆とは反対に雪映は、仁科たちをも殺すと決意しました。

 

第11話のネタバレあらすじはこちらです

『ただ離婚してないだけ(ただリコ)』11話ネタバレ感想とあらすじ!ついに仁科の手も迫る!柿野夫妻は成す術無し!?
Sponsored Link

【ただ離婚してないだけ(ただリコ)】最終回第12話見どころ

ただ離婚してないだけ最終回第12話 9月29日(水) 深夜 0:00 〜 0:40

仁科たちを殺すことは、おそらくですができないでしょう。

相手はヤクザですからね。

その道のプロです。

油断して1人で乗り込んできた佐野とは違いますから、現実的に不可能です。

そして正隆はそれを十分にわかっている気がします。

だからこそ、予告にあるような悲しい結末になるのではないでしょうか?

例えば正隆が1人で罪を被って雪映とお腹の子を守るとか?

でも写真には雪映の姿もありますからね。

調べられたらおしまいです。

既に原作とは違う展開になっている、ドラマ『ただ離婚してないだけ』!

どんな結末を迎えるのか楽しみです!

【ただ離婚してないだけ(ただリコ)】最終回12話のネタバレあらすじ

ただ離婚してないだけ】最終回第12話 2021年9月29日(水)深夜 0:00~ 0:40 放送分のネタバレあらすじです。

【ただ離婚してないだけ】最終回第12話はまだ配信されていません。

【ただリコ】最終回第12話はテレビ東京系列で2021年9月29日(水)の深夜 0:00 ~ 0:40に放送される予定です。

【ただ離婚してないだけ】最終回第12のネタバレあらすじは放送終了後に更新します。

第12話が放送されました。早速見ていきましょう!

決戦前日。父の遺言を聞いた正隆は何を想うのか。

仁科をも殺すと決めた雪映正隆は準備に取り掛かった。

包丁の指し方をベッド相手に練習し、火を使った攻め方も考えた。

そんな中、ふと鏡に映った自分の顔を見て、正隆は崩れ落ちた。

その顔が、あまりにも狂気に満ちていたからだ。

そのまま床の上で一晩を明かした正隆

目を覚ましたのは、電話が鳴ったからだ。

相手は弟の利治だった。

久しぶりにあった利治は疲れ切っていた。

裁判の結果、執行猶予付きの実刑判決が出たそうだ。

最後に父親の遺言を伝えに来たという利治

正隆。お前ではなく利治を後継者とした時、私は柿野の家柄、血脈という古い慣習にとらわれていた。お前の苦しみは全て、私の未熟さ故である。後悔が止まないのは、お前への想いを偽り続けたこと。私は、お前の本当の父親でありたかった。それが、お前と初めて会った時から思い続けた。偽ざる思いだ。今、ただ1つ願うのは、お前が私のような道をたどらないこと。偽りなく生きてくれ。大切な者たちを傷つけないために。」

一言一句覚えて来たという利治の言葉、父からの遺言に、正隆は静かに涙を流した。

家に帰り夕飯を口にした正隆は、真っすぐに雪映を見つめて静かに言った。

「おいしいよ。ありがとう。」

この夜、2人は勝負に出るのだ。

待ち合わせ場所の近くに着き、正隆が1人で車を降りた。

歩き出した正隆を雪映が引き留めた。

その顔には不安が宿っている。

静かにキスをした正隆は、「信じろ。全部上手くいく」と言って、仁科に指定された場所へ向かった。

雪映は涙をこらえて、その後ろ姿を見送った。

Sponsored Link

正隆が下した衝撃的な決断とは!?

夜が明けかけていた。

帰って来ない正隆を心配し、ついに雪映が車を飛び出した。

倉庫にたどり着いたが、中はもぬけの殻だった。

雪映の叫び声だけが空しく響き渡る。

倉庫を後にした雪映は、大きくなったお腹を抱えて街を探し始めた。

その際に人とぶつかり倒れると、大型ビジョンに映るニュースが目と耳に入って来た。

柿野正隆容疑者」という言葉を、映像と声で確認した。

正隆は自ら警察に出頭し、の殺害と死体遺棄を自供したのだ。

そのニュースを見て驚いて立ち上がったその時、雪映は破水をした。

 

池崎に連れられて、正隆は留置所に入れられた。

頭の中に響いていたのは、利治から聞いた父の言葉だった。

実はあの言葉には続きがあった。

遺産相続について、私財は兄弟で分け合うように言われていたのだ。

その結果、正隆は5億円を相続出来ることとなった。

その事実と、「偽りなく」と言う言葉を聞いて、正隆の中である1つの想いが浮かび上がった。

父や弟を恨み、自暴自棄に生きて、どれだけの人たちを巻き込んだのか。

これまでに起きたことは、全て自分が引き起こしたことである。

正隆はそう考えた。

そしてあの夜。

工場の前に着いた正隆は、池崎に電話をして自首の意思を伝えた。

手に持っていた写真に雪映は映っておらず、正隆の顔だけがわかるようになっていた。

Sponsored Link

正隆と雪映のその後は・・・?

警察が山の中を掘り起こし、の遺体を発見した。

道端で倒れこんでいた雪映は、通行人によって助けられていた。

そして正隆は、留置所である幻想を見ていた。

山の中に、白い服を着たが立っていたのだ。

「ごめんなさい」と言って土下座した正隆

顔を上げると、は冷たい表情でその様子を見つめていた。

雪映と、たった今この世に生まれた子どもから、自分の汚れた部分が断ち切れるように。

そう願って正隆は頭を下げ、罪を償うことにしたのだ。

 

3か月後。

少年院から出所した蒼甫を、池崎が待ち構えていた。

すると後ろから看守が呼びかけていた。

手紙だと渡されて中を確認すると、そこには5億という金額が書かれた小切手が。

池崎は詳しく話さなかったが、とにかくもらっとけと伝えた。

さらに、蒼甫が行きたいと言っていた大学にも行けるのではないかいという旨の言葉を伝え、「お前には未来しかねえ」と、池崎なりに労いの言葉をかけた。

その頃仁科たちもまた、5億の遺産について嗅ぎつけていた。

しかし正隆が自首した今、仁科たちに脅しをかける術はなかった。

雪映が面会にやって来た。

その腕には、赤ちゃんが抱きかかえられている。

子どもと対面した正隆は嬉しそうな顔を浮かべた後、「届いたか?」と雪映に聞いた。

雪映が取り出したのは、正隆の名前が書かれた離婚届だ。

子どもと2人で幸せになってくれと伝えた正隆

そして雪映は、「この子を1人で立派に育てて幸せになる」と答えた。

「もう二度とあなたには会わない。でも・・・」

すると次の瞬間、雪映は離婚届を破った。

「私はあなたの妻。この子は、あなたの子どもだから。私今、幸せだよ。」

その言葉を聞いた正隆は、微笑みながらこう返した。

「俺も・・・俺も今、幸せだ。」

そう言って2人で笑い合うと、雪映は立ち上がった。

そして、一度だけじっと顔を見つめた後、何も言わずに部屋を出て行った。

1人なった正隆は、目に涙を浮かべながらも、スッキリとした表情を見せていた。

2人が会うことは、もう二度とないだろう。

それでも、正隆雪映は夫婦。

「ただ、離婚してないだけ」の夫婦だ。

Sponsored Link

【ただ離婚してないだけ(ただリコ)】最終回12話のネタバレ感想と考察

ただ離婚してないだけ】最終回第12話 2021年9月29日(水)深夜 0:00~ 0:40 放送分のネタバレ感想と考察です。

 

これはもう個人的な感想ですが、ちょっとモヤモヤが残るラストだなーって思いました。

正隆雪映は離婚はせず、夫婦として生きていく。

でも、もう会うことは無いかもしれない。

ただ、事件が起きる前とは違った意味での「ただ離婚してないだけ」の夫婦として生きる。

この辺、ドラマとしては上手いまとめ方だと思います。

ただ、それで正隆雪映もスッキリ!って、が浮かばれなさ過ぎじゃないですかね?

極論で言えば、正隆雪映は萌を殺すことで本物の夫婦になれたみたいなことですよね?

これではさすがにの立場が可哀想に思えてきます・・・

当て馬みたいなもんですもんね。

不倫は悪い事ですし、萌も殺しにかかってきていたので、その分はまああるにしても、さすがに不憫で・・・

原作では、2人がここまですっきりとした様子になることはなかったので、この部分の疑問はあまり感じませんでした。

ドラマとしてはこのラストの方がきれいにまとまっていて良かったと思いますが、その分がさらに悲しい立ち位置になった。

そんな部分にモヤモヤが残ったということです。

ただ、ドラマとしてはとてもおもしろく、原作ファンにも満足いく作品だったとは思います!

【ただ離婚してないだけ(ただリコ)】の関連記事一覧

関連記事【ただ離婚してないだけ】キャスト相関図に出演者プロフィールまとめ!

【ただ離婚してないだけ(ただリコ)】キャスト相関図に出演者プロフィールまとめ!

関連記事【ただ離婚してないだけ(ただリコ)】ネタバレ結末!最終回まで全話あらすじまとめ!

ドラマ【ただ離婚してないだけ(ただリコ)】ネタバレ結末!最終回まで全話あらすじまとめ!

『ただ離婚してないだけ(ただリコ)』最終回12話ネタバレ感想とあらすじ!柿野夫妻が迎える悲しすぎる結末とは? まとめ

ただ離婚してないだけ】通称【ただリコ】の最終回第12話が、9月29日(水)の深夜 0:00 〜 0:40に放送されました。

正隆利治から父の遺言を聞き、5億円の遺産を相続する事実も知った。

その言葉で正隆は決意。仁科とは会わず、電話で池崎に自首。

証拠となる写真に雪映は写っていなかったため、正隆だけが捕まり、雪映は無事出産。

正隆からの離婚届を破り捨てた雪映。2人は、「ただ離婚してないだけ」の夫婦となった。

記事内画像の出典:TVer

恋愛ふりーくす