ドラ恋10|5話ネタバレ感想とあらすじ!審査員は由水先生・・・じゃない!?(恋愛ドラマな恋がしたいニューヨーク|2022秋)

恋愛ドラマな恋がしたい

ドラ恋10|5話ネタバレ感想とあらすじ!審査員は由水先生・・・じゃない!?(恋愛ドラマな恋がしたいニューヨーク|2022秋)

ドラ恋10|5話ネタバレ感想とあらすじ!審査員は由水先生・・・じゃない!?(恋愛ドラマな恋がしたいニューヨーク|2022秋)

 

恋愛ドラマな恋がしたい】通称【ドラ恋】のシーズン10の第5話が2022年12月11日(日) 22:00 〜 23:00に放送されます。

ドラマ第3話のオーディションが行われる回ですね。

前回のプレゼント指名で、ある程度の矢印がハッキリとしました。

その後のオーディションですので、恋愛方面の進展にも期待したいところです!

今回の記事は次のような人におすすめ!

・恋愛ドラマな恋がしたい in NEW YORKの5話のネタバレあらすじが知りたい!

・ドラ恋10の5話を見た感想は?

・オーディションの審査員として登場するのは誰?

・ドラマ第3話の主役を勝ち取ったペアは?

 

このページでは【恋愛ドラマな恋がしたい in NEW YORK】の5話ネタバレあらすじ5を見た私の感想5話見どころをまとめました。

恋愛ドラマな恋がしたい in ニューヨーク 前回までのあらすじ

恋愛ドラマな恋がしたい in ニューヨーク】の第5話が放送されます。まずは前回までのあらすじをみていきましょう。

ドラマ第3話のオーディションのペア決めが行われました。

今回は男子からの指名。

ただ、その指名をするために、相手が喜びそうなプレゼントを選ぶというミッション付きでした。

意中の相手のために、真剣にプレゼントを考え、用意した男子メンバー。

ただ女子はそれを断ることも出来るという中で、みゆちゃんはひろとくんからの指名を断り、他の人との演技をしてみるという選択をしました。

一方でりりあちゃんはれいやくんとしょうへいくんの2人から指名を受け、れいやくんを選択。

その後、れいやくんの気持ちを聞き、2人は現状で両想いであることを自覚し合いました。

Sponsored Link

恋愛ドラマな恋がしたい in NEW YORK 第5話見どころ 

恋愛ドラマな恋がしたい in NEW YORK第5話 2022年12月11日(日) 22:00 〜 23:00

ドラマ第3話のオーディションが始まる訳ですが、予告ではメンバーが何やら大きな舞台にいました。

さらには由水先生から「今回の審査員は・・・」といった怪しげな発言が。

これまでのドラ恋ですと、Zoomでの視聴者審査員が入るという展開がありましたが、今回もそれなのでしょうか?

ただ、あんなでかいステージに立っていましたし、今回は事前の募集も無かったかと思いますので、あり得るとしたらニューヨークのプロとかでしょうね。

その中でどのような演技を見せるのか。

前回で恋愛の方にも動きがあったので、前半のポイントとなるドラマオーディションになりそうです!

Sponsored Link

【恋愛ドラマな恋がしたい in ニューヨーク】5話のネタバレあらすじ

恋愛ドラマな恋がしたい in ニューヨーク第5話 2022年12月11日(日) 22:00 〜 23:00放送分のネタバレあらすじです。

【恋愛ドラマな恋がしたい10 in NEW YORK】第5話はまだ配信されていません。

【ドラ恋10】5話はABEMAで2022年12月11日(日) 22:00 〜 23:00に配信される予定です。

よって【ドラ恋10inニューヨーク】5話のネタバレあらすじは配信開始後に更新いたします。

第5話が配信されました。早速見ていきましょう!

オーディションの審査員に加わったのは・・・?

ペア決めから一夜明けた朝。

みゆちゃんは1人、7時半から本読みを始めていた。

今回は、彼氏を追って日本からやって来た矢先に失礼してしまった女性が、ダイナーを舞台に繰り広げるラブストーリー。

ラストは、失恋の傷を癒してくれた男性店員とかわす、憧れていた映画のようなキスシーンが繰り広げられる。

学校に集合するや否や、オーディションを行うと言われた8人。

その会場へと移動する。

着いたのは、マリリンモンローシアターと言われている劇場。

数々の俳優がこの舞台に立ってきた。

そんな場で行われるオーディション。

そこで審査をするのは由水先生・・・だけではなく、リー・ストラスバーグ演劇学校の卒業生5名と講師のティム先生もそこに加わるということだった。

しかも卒業生は既に、第一線で活躍している役者ばかり。

メンバーの間に緊張が走る。

オーディションは日本語で行われる。

審査員の方々はもちろん日本語がわからない。

言語の壁を超えた表現力。

それが求められるのだ。

トップバッターは、クレアちゃんとしょうだいくんのペア。

演技中はしっかりとメモを取られ、終わった後には心境に関する質問も飛んだ。

そんな中で、2番目に挑んだのははるかちゃんとひろとくんのペア。

そして、みゆちゃんとしょうへいくんのペアがそれに続く。

終了後、みゆちゃんが練りこんで来た設定を説明すると、審査員からは歓声が上がった。

その空気感の中、最後に臨んだペアが、りりあちゃんとれいやくんだ。

緊張のあまりセリフを間違えたりもしたが、何とかやり切った。

8人ともが主役をとりたいという思いを本気でぶつけていた。

Sponsored Link

卒業生たちによる投票の結果、主役に選ばれたのは・・・?

審査員による投票が挙手で行われる。

1組目のクレアちゃんとしょうだいくんには票が入らなかった。

2組目のはるかちゃんとひろとくんには2票が。

そして、3組目のみゆちゃんとしょうへいくんには5票が。

この時点で主役が決定。

みゆちゃんとしょうへいくんが主役の座を勝ち取った。

結果を受けてみゆちゃんは、喜びの涙を流した。

そして、惜しくも落選してしまったペアも、審査員からコメントをもらっていた。

また、2位となったはるかちゃんとひろとくんも、脇役でドラマに出演することになった。

しかし、意中の相手であるみゆちゃんが出演するドラマに出ることは、ひろとくんにとって複雑な想いを抱かせることになった。

ドラマ撮影が始まった。

キスシーン自体は何度も経験しているというみゆちゃん。

しかしこれまでは、カットを機に制御をかけるようにしていた。

その度に恋をしていてはキリがない。

ただ、今は環境が違う。

自身でもその制御を外せたらと思う部分はある。

そう思いながら挑むドラマ撮影の中で、みゆちゃんとしょうへいくんは確実に距離を縮めていた。

その頃、脇役として登場するはるかちゃんとひろとくんに、監督から声がかかった。

浮気現場というシーン。

ハッキリとは映らないため、実際にキスをするか、フリにするかは二人に委ねられた。

話し合った末にはるかちゃんとひろとくんは、キスシーンは主役を取ったときにとっておこうということになった。

その間にも撮影は進み、ついにキスシーン。

は人生で初のキスシーンに挑む。

Sponsored Link

キスをしたことで、制御は外れるのか!?

彼氏を追って、アメリカにまでやって来たみゆ

カフェで楽しい時間を過ごそうとしていたが、相手はどこか上の空。

仕事があると言って出て行ってしまった。

1人で落ち込んでいると、カフェのオーナーがブルーベリーパイを持ってきた。

「売れ残りじゃないからね?うちの自慢の商品。」

さっきみゆが言っていた言葉が聞こえていたようで、みゆは気まずそうに笑った。

ブルーベリーパイをおいしそうに食べたみゆの様子を見た後、オーナーのしょうへいは、自分も彼女を追いかけてニューヨークに来たのだと言った。

しかし、しょうへいの方は既に別れてしまっているらしい。

ニューヨークで別の男を作っていたのだとか・・・

その夜。店にはみゆの彼氏の姿が。

その目の前には別の女性が座っていた。

そして翌日。

店の前には落胆するみゆの姿があった。

それに気づいたしょうへいが声をかけると、やはり彼氏にキャンセルされたようだった。

ニューヨークに来てから彼が変わってしまったというと、しょうへいは「ニューヨークは変わりたい人が来て作った町だ」と言った。

しかしみゆにはそれが受け入れられずに、「変わっていてほしくない!」と語気を強めて言い、その場を去った。

そうして街中を歩いていると、嫌な現場に出くわしてしまった。

彼氏が、別の女性を力強く抱きしめていたのだ。

しばらく呆然と立ち尽くした後、踵を返して歩き始めたみゆ。

目には涙が浮かんでいた。

そのまま向かったのはしょうへいの店だ。

驚くしょうへいを他所にウイスキーをストレートで頼むと、しょうへいは赤ワインとブルーベリーパイを出してきた。

「今は酔いたいだけ」と言ってブルーベリーパイには手を付けず、ワインを飲みほしたみゆ。

そして状況を説明しようとすると、しょうへいはそれを遮り、パイを食べるように進めた。

しかしみゆはそれを断り、「売れ残ってて、私と同じだね」と笑いながら言った。

するとしょうへいは、「俺が、ニューヨークにやって来て彼女にフラれた時、俺を救ってくれたのがこのダイナーだった。最初は客で、このブルーベリーパイが上手くて。たくさん食べていたら、たくさん作ってくれるようになったんだけど、俺が働くようになったら売れ残るようになった」と、笑顔で言った。

その冗談に笑顔を取り戻したみゆはブルーベリーパイを口にした。

「やっぱり、君は君が思っている以上に可愛い。」

お世辞でも嬉しかった。

みゆとしょうへいはブルーベリーパイを二人でむさぼり、一緒にお酒を飲んだ。

さきに潰れてしまったしょうへいを、みゆはじっと見つめていた。

そして、静かに手を重ね、そのまま、唇を重ねた。

「ブルーベリーパイの味がする。」

「この店の一番のパイです。」

そんな会話を交わした後、2人は再びキスをした。

さっきよりも、長く、激しいキスだった。

カットがかかった後も2人はなかなか言葉を発せなかった。

その代わりに、お互いの顔をジッと見つめ合っていた。

しかし、その後冷静になった2人は、なかなか目を合わせられないようだった。

キスシーンを終えてしょうへいくんは、確実にみゆちゃんに恋愛感情を抱き始めていた。

ただ、一方でみゆちゃんは「やっぱり仕事モードになっちゃいましたね」と言った。

今日で制御が外れると本気で思っていた。

しかし、その制御は思ったよりも強力だったようだ。

クレアちゃんがしょうだいくんに声をかけた。

2人で屋上に行くと、クレアちゃんが話し始めた。

自分がしょうだいくんに対してどのような気持ちになれるのか、まだわからなかったというクレアちゃん。

撮影を進めていく中で、チームワークの良さを感じることも出来た。

しかし、これからもっと好きになれるかがわからない。

友達としての好きは今でもあるか、恋になるかがなんとも言えない。

だから、次は違う人とペアを組んでみたい。

その想いをしょうだいくんはすぐに受け止め、賛同した。

しかし、笑顔で別れた後、しょうだいくんは1人屋上に残って佇んでいた。

それでも、クレアちゃんへの想いは変わらないし、幸せになってもらいたいという気持ちもしっかりとある。

まだまだドラ恋は続いていく・・・

ここで第5話が終了。

Sponsored Link

【恋愛ドラマな恋がしたい in ニューヨーク】5話のネタバレ感想と考察

恋愛ドラマな恋がしたい in ニューヨーク第5話 2022年12月11日(日) 22:00 〜 23:00放送分のネタバレ感想と考察です。

あれはもうみゆちゃんのプロ意識が高い故でしょうね。

主役をとることが第1の目標にあって、女優として全身全霊を賭けて挑む。

だからこそ、そのスタンスはいつもの仕事のモードと同じで、そうなるとリミットは外せない。

そんなところでしょうか?

これは、ここまでのシーズンでもあまりなかったタイプの悩み方かもしれませんね。

キスシーンを機に恋愛に発展するというドラ恋の醍醐味そのものがハードルになってるわけですし、今後の立ち振る舞いにも注目したいです。

そして、しょうだいくんはどこまで良い男なのでしょうか。

クレアちゃんのことを本気で好きだからこそ、あの優しさが出せる部分もあるのかもしれませんね。

まあでも期間は限られていますし、お互いに別の人を見るという経験も生きるとは思います。

それでもお似合いペアなので、巡って戻ってきてほしいなーとも思いました!

ドラ恋10 in ニューヨーク 関連記事

関連記事ドラ恋新シーズン10メンバー紹介!出演者(キャスト)のプロフに年齢や身長にSNS一覧!育子がいない!?

ドラ恋新シーズン10メンバー紹介!出演者(キャスト)のプロフに年齢や身長にSNS一覧!育子がいない!?(恋愛ドラマな恋がしたいニューヨーク|2022秋)

関連記事ドラ恋新シーズン10のネタバレ結果速報や最終回までのあらすじと感想にカップル予想や考察!

ドラ恋新シーズン10のネタバレ結果速報や最終回までのあらすじと感想にカップル予想や考察!(恋愛ドラマな恋がしたいニューヨーク|2022秋)

関連記事ドラ恋10|ドラマ主題歌やテーマソングの歌手に挿入歌の洋楽やキスシーンの曲を紹介!

ドラ恋10|ドラマ主題歌やテーマソングの歌手に挿入歌の洋楽やキスシーンの曲を紹介!(恋愛ドラマな恋がしたいニューヨーク|2022秋)
Sponsored Link

ドラ恋10|5話ネタバレ感想とあらすじ!審査員は由水先生・・・じゃない!?(恋愛ドラマな恋がしたいニューヨーク|2022秋) まとめ

恋愛ドラマな恋がしたい in ニューヨーク】通称【ドラ恋10】の第5話が、2022年12月11日(日)にABEMAで22:00 〜 23:00に配信されました。

ドラマ第3話のオーディションの審査員には、講師のティム先生や学校の卒業生も登場!

その中で、みゆちゃんとしょうへいくんのペアが主演を勝ち取った!

キスシーンの時にかけていた制御を解きたいと思っていたみゆちゃん。しかし、今回もまた解くことはできなかった・・・

クレアちゃんは今の正直な想いをしょうだいくんに伝え、次は別の人とペアを組んでみることになった。

 

記事内画像の出典:ABEMA

恋愛ふりーくす