私が獣になった夜【名前のない関係】3話ネタバレあらすじと感想!突然パートナー?窓際社員が転勤上司に巻き込まれて…

私が獣になった夜

私が獣になった夜【名前のない関係】3話ネタバレあらすじと感想!突然パートナー?窓際社員が転勤上司に巻き込まれて...

私が獣になった夜【名前のない関係】3話ネタバレあらすじと感想!突然パートナー?窓際社員が転勤上司に巻き込まれて…

ドラマ【私が獣になった夜】の新シーズンの【名前のない関係】が11月19日(金)がABEMAプレミアムで配信されています。

共感してしまう大人なエモーショナルラブストーリーの新シーズンということで内容が気になりますよね!

この記事は次のような方におすすめ!
わた獣【名前のない関係】3話ネタバレあらすじが知りたい!
わた獣【名前のない関係】3話を見た感想は?

このページではわた獣名前のない関係3話ネタバレあらすじ3話を見た私の感想3話を見た視聴者の感想をまとめました。

【私が獣になった夜】
ABEMAプレミアムで配信中です。
今すぐ無料おためし
ABEMAプレミアム14日間無料です。
無料期間中に解約するれば違約金もなく、ボタン一つで簡単に解約できます。

プレミアム対象作品がすべて見放題

私が獣になった夜【名前のない関係】3話ネタバレあらすじ!

わた獣名前のない関係第3話のネタバレあらすじです。

私が獣になった夜【名前のない関係】3話ネタバレあらすじ

深水遥香は、不動産会社に所属する内気で地味な窓際社員。関西出身でしたが、周りにはかなり気を遣い静かに働いていました。

遥香は、朝早くから出勤したある日、関西から転勤してきた『完売の斎木』の異名を持つエリート営業マン斎木恭弥と出会います。

斎木は東京に引っ越ししてきても、関西弁で周りと馴染むことのできる突き通す社交モンスター。お互い最初の印象は最悪でした。

その日にも斎木の歓迎会を行われ、もう周りと馴染んでいましたが、夜遅くにもまだ会社で仕事をしていた遥香を気遣い、飲み会のお店のテイクアウトをしてくれました。

私が獣になった夜【名前のない関係】3話ネタバレあらすじ

斎木は、遥香と一緒に会社で飲むことに。斎木は営業のパートナーを遥香に指名したことを話します。

遥香は、自分と性格が反対すぎるため「パートナーになるのら無理」と拒絶しましたが、パソコンが苦手な斎木のサポートを中心に2人はパートナーになることになりました。

私が獣になった夜【名前のない関係】3話ネタバレあらすじ

初めての2人での仕事。斎木はデパートに行き、遥香のために服や化粧品を華やかなものに変えるよう薦めます。

遥香は、店員の押しに負け、大量に買い物をしてしまいました。生活がピンチだったので、斎木が肩代わりをしてくれることになりました。営業の売り上げを伸ばし、いつかマンションを完売させることができたら返すという約束で2人は仕事に懸命になっていきました。

私が獣になった夜【名前のない関係】3話ネタバレあらすじ

1年後、目標だった分のマンションの契約成立!無事に完売させることができました。

私が獣になった夜【名前のない関係】3話ネタバレあらすじ

1年後もまだ夜まで仕事をしていた遥香斎木が気にして様子を見に来ました。2次会に参加しようと遥香を誘いますが、帰る遥香を駅まで送りに行くことに。

遥香1年前の約束のお金を返しますが、斎木は一緒のベアではなかったら結果を出ていなかったため感謝し、お金を受け取りませんでした。

斎木は、大阪時代のパートナーと仕事で成功をしても、自分の手柄が大きいと思ってしまい相手から避けられて上手くいかなかったよう。

自分がお調子者と気づかせてくれたのは遥香であると感謝を述べます。

ですが、斎木はもう1度大阪帰り、元パートナーとやり直す決心がついたよう。週明けから大阪に戻ることを遥香に伝えました。

私が獣になった夜【名前のない関係】3話ネタバレあらすじ

駅での別れ際、2人は中々別れられません。言いたいことだけ言って勝手に去ってしまった斎木遥香は大阪弁で罵りました。今までの感謝、新しい門出お祝いを与える隙もなかったようです。

私が獣になった夜【名前のない関係】3話ネタバレあらすじ

遥香が去ると、斎木が追いかけて手をとります。2人はキスをし結ばれました。

私が獣になった夜【名前のない関係】3話ネタバレあらすじ

初対面の時では考えられない大阪弁丸出しで言いあって楽しい雰囲気に。2人は素を曝け出した幸せな時間を過ごしました。

Sponsored Link

私が獣になった夜【名前のない関係】3話ネタバレ感想!

わた獣名前のない関係第3話のネタバレ感想です。

性格が間反対の2人が仕事をすることにより、どんどん距離を縮め、お互いを認め合っていく過程が本当によかったです。

遥香斎木のペースに巻き込まれていく姿が一生懸命で可愛かったです!

最後にはお互い関西弁で言い合いをするところもたまらなかったですね!

斎木は今後大阪に戻ってしまうようなので遠距離になってしまうのでしょうか?そこは不安ですが本当になんでも言える関係性は微笑ましいですね。

私が獣になった夜【名前のない関係】3話視聴者の感想!

わた獣名前のない関係第3話の視聴者の感想です。

斎木役の財木さん関西人?と思うほど関西弁うまい!

女性側の心情の変化が急すぎてびっくりしたけど、最後幸せそうで本当にこっちまで幸せになる!

遥香が斎木に巻き込まれていったところ可愛かったなー!

関西弁のドラマは少ないので新鮮味を感じた視聴者さんが多くいましたね!関西弁の演技も違和感なくて素晴らしかったと思います!

私が獣になった夜【名前のない関係】3話ネタバレあらすじと感想!突然パートナー?窓際社員が転勤上司に巻き込まれて…まとめ

わた獣名前のない関係第3話のネタバレ感想とあらすじ、視聴者の感想のまとめでした。

深水遥香は、不動産会社に所属する内気で地味な窓際社員。関西出身でしたが、周りにはかなり気を遣い静かに働いていました。

遥香は、関西から転勤してきた『完売の斎木』の異名を持つエリート営業マン斎木恭弥出会います。お互い最初の印象は最悪でした。

斎木は、突然営業のパートナーを遥香に指名したことを話します。遥香は、自分と性格が反対すぎるため拒絶しましたが、2人は結局パートナーになることになりました。

初めての2人での仕事。斎木はデパートに行き、遥香のために服や化粧品を華やかなものに変えるよう薦めます。生活がピンチだったので、斎木が肩代わりをしてくれることになりました。

1年後、目標だった分のマンションを完売させることができました。遥香は借りていたお金を返しますが、斎木は一緒のペアではなかったら結果を出ていなかったため感謝し、お金を受け取りませんでした。

2人はいいコンビでしたが、斎木はもう1度大阪帰り、元パートナーとやり直す決心がついたよう。週明けから大阪に戻ることを遥香に伝えました。

駅での別れ際、2人は中々別れられません。言いたいことだけ言って勝手に去ってしまった斎木遥香は大阪弁で罵りました。今までの感謝、新しい門出お祝いを与える隙もなかったようです。

遥香が去ると、斎木が追いかけて手をとります。2人はキスをし結ばれました。2人は大阪弁丸出しで素を曝け出した幸せな時間を過ごしました。

【私が獣になった夜】
ABEMAプレミアムで配信中です。
今すぐ無料おためし
ABEMAプレミアム14日間無料です。
無料期間中に解約するれば違約金もなく、ボタン一つで簡単に解約できます。

プレミアム対象作品がすべて見放題

記事内画像の出典:AbemaTV

恋愛ふりーくす