万波誠の年齢や経歴にプロフィール!病気修復肝移植が過剰に批判された理由を考察

こんにちは!

ETV特集「“悪魔の医師”か“赤ひげ”か」で万波誠(まんなみ まこと)医師が特集されます。

3月にNHKの「ノーナレ」で反響が大きかった放送が再放送されます。

万波誠(まんなみ まこと)医師は悪魔の医師なのか?赤ひげ先生なのか?

めっちゃ気になりますねw

そんな万波誠(まんなみ まこと)医師の事が気になったので年齢や経歴にプロフィールと病気修復肝移植が批判された理由などを調べてみました。

みなさんも一緒に確認していきましょう^^

スポンサードリンク

万波誠(まんなみ まこと)医師の年齢は?

万波誠(まんなみ まこと)医師の生年月日は1940年で今年で78歳になられます。

宇和島徳洲会病院の院長に1月1日付で就任しました。万波誠(まんなみまこと)・副院長兼泌尿器科部長の腎移植、貞島博通(さだしまひろみち)総長の目指す地域医療に加え、三本目の矢として内視鏡研修施設を設けます。

引用:tokushukai

これは仲道 孝次(なかみちこうじ)院長が就任された時のコメントですが、万波誠(まんなみ まこと)医師のことが載ってますねw

78歳にして現役バリバリで宇和島徳洲会病院で副院長兼泌尿器科部長として腎移植などの手術のされているよですね。

普通の会社なら定年になっている年齢ですよね。

もしくは役員とかならいるかもしれませんが・・・

現役で腎移植もされているということなのですごいです。

その他ALS(筋萎縮性側索硬化症)の患者さんを障害者病棟で診たり、地域との交流を行うさまざまな試みを実行しているとのこと。

万波誠(まんなみ まこと)医師はバイタリティーに溢れ地域との交流などにも力を入れてる立派な先生です。

スポンサードリンク

万波誠(まんなみ まこと)医師の医師のプロフィールと経歴は?

続いては万波誠(まんなみ まこと)医師のプロフィールと経歴について確認していきましょう。

名前:万波 誠

ふりがな:まんなみ まこと

生年月日:1940年(年月日は不明)

年齢:2018年現在は78歳

出身地:岡山県

出身高校:岡山県立閑谷高等学校卒業

出身大学:1969年に山口大学医学部卒業

万波誠(まんなみ まこと)医師は山口大学医学部卒業後、1970年、愛媛県宇和島市立病院に勤務されてます。

1975年にはアメリカ・ウィスコンシン大学に留学されてます。

腎臓移植はインネシア出身のオランダ人外科医ベルツァー(Folkert O. Belzer)さんの元で学ばれたようです。

その後、日本に帰国された万波誠(まんなみ まこと)医師は1977年に宇和島市立病院で初めて腎臓移植手術を行っています。

これまでに行った腎臓移植手術は1000件を超えるとも言われてます。

現在勤務されている宇和島徳洲会病院には病院が新規開院した2004年から勤務されているようです。

前に外科医の腕は手術した回数に比例すると聞いたことがあります。

確かにたくさんの手術をしたほうが手術の腕は上達しますね。

それを考えると万波誠(まんなみ まこと)医師の1000件以上はすごいです。

まさに神の手といったところでしょうか。

地域との交流に力をいれ患者の事を考えてまさに赤ひげ先生のような万波誠(まんなみ まこと)医師ですが有名になったキッカケは赤ひげ先生や神の手などという称賛ではなく・・・

『宇和島臓器売買事件』でした。

スポンサードリンク

万波誠(まんなみ まこと)医師が病気修復肝移植が批判された理由を考察

万波誠(まんなみ まこと)医師の行った病気修復肝移植がなぜ批判されてたのかを確認していきましょう。

万波誠(まんなみ まこと)医師が批判される原因となったのは『病気修復肝移植』のような特殊な医療を独断で行っていたという問題です。

この問題が発覚した経緯は万波誠(まんなみ まこと)医師が注目をあつめることとなったある事件がキッカケですね。

その事件とは『宇和島臓器売買事件』です。

この事件を発端に万波誠(まんなみ まこと)医師が独断で『病気修復肝移植』を行っていたことが判明しました。

そして『病気修復肝移植』のような特殊な医療を独断で行ったと学会やマスコミから「人体実験だ」など猛烈な批判をうけました。

厚生労働省の臓器移植法では『がん患者は臓器提供者にしない』というルールになっています。

ルールで決まっていることを独断でやったことで批判されたわけですが・・・

患者さんたちからは移植医療の選択肢として万波誠(まんなみ まこと)医師を支援する声もあがっています。

このことを考えるとそこまで批判さえれることなんでしょうかね。

学会やマスコミは『人体実験だ』まで言ってますしね。

万波誠(まんなみ まこと)医師は本当に患者さんの事を考えて患者ファーストな治療をしているまさに『赤ひげ先生』のような先生という噂です。

日本移植学会副理事長の大島伸一氏は『がんに侵された腎臓を移植することは論外、かなり高い確率で再発する』と断言して批判しています。

これに対してこんな意見がありました。

『病気修復肝移植』は日本以外では容認されているですね。

それならルールを破ったとしてもそこまで非難されるのはどうかと私は思いました。

さらにこんな情報もありました。

なんか深い話ですねw

過去に自分が批判されたことと重ねてしまい同じように批判したということでしょうかね。

『宇和島臓器売買事件』から始まって一連の流れで独断で『病気修復肝移植』を行っていた問題が浮上したので普通よりも過熱気味な報道となったのかもしれないですね。

『病気修復肝移植』が過剰に批判された理由について考えてみましたが、あくまでも個人的な意見です。

法律で決まっていることは守らないといけないし、でも患者さんの事を考えている万波誠(まんなみ まこと)医師の事も応援したいという気持ちになります。

このあたりの事を番組では掘り下げて特集されていると思うので番組が楽しみです。

現在、『病気修復肝移植』は一部条件付きで出来るようになっているみたいですねw

 がんの治療で取り出した腎臓を、別の腎臓病患者に移植する「病気腎移植」について、厚生労働省の審査部会は19日、条件付きで先進医療として認めることを決めた。実施施設は治療の経過などを厚労省に報告せねばならず、国の仕組みのもとで実施される。安全や倫理面で批判されてきたが、入院費などに公的保険が使えるようになり、実績をつめば技術自体が公的保険の対象になりうる。

引用:asahi.com

いづれは正規の方法で『病気修復肝移植』が簡単にできるようになれば、肝臓移植を待っている患者さんにとっては朗報となりますね。

移植をすれば助かる人はたくさんいると聞いて私もドナー登録はしています。

番組を見たりこの記事や他の記事を見て思うところがある人は是非ドナー登録をお願いいたします。

スポンサードリンク

おすすめ記事

上田里美さんの『爪はぎ事件』はなぜ起こったのか?そしてなぜ無罪後の名誉回復の報道が少なかったのか?気になったので調べました。

↓ ↓ ↓ ↓

こんにちは! 『奇跡体験!アンビリバボー』に爪はぎ看護師と呼ばれた看護師の上田里美さんが特集されます。 番組予告...

上田里美さんと一緒に無罪を勝ち取った弁護士と心の支えとなった家族(旦那や子供)について調べました。

↓ ↓ ↓ ↓

こんにちは! 2007年7月に起きた『爪はぎ事件』その容疑者となり『爪はぎ看護師』とよばれた上田里美さんが『奇跡体験!アンビリ...

さいごに

今回は『病気修復肝移植』で批判された万波誠(まんなみ まこと)医師について年齢や経歴にプロフィール、病気修復肝移植が過剰に批判された理由などを調べてみました。

今回の記事が参考になった方は下のボタンを押してSNSで紹介をお願い致します。

尚、記事の間違いや更に詳しく調査してほしい事などはコメント欄へお願い致します。

では、最後までお付き合い頂きありがとうございました☆彡

スポンサーリンク




あわせて読みたい



この記事が気に入ってもらえたらシェアをお願いします

フォローする

スポンサーリンク