【QUEENDOM2】5話ネタバレあらすじと感想!ビビジ・ウナのパートナーは誰!?スウパ出演ダンサーも参戦!

QUEENDOM

【QUEENDOM2】5話ネタバレあらすじと感想!ビビジ・ウナのパートナーは誰!?スウパ出演ダンサーも参戦!

QUEENDOM2】5話ネタバレあらすじと感想!ビビジ・ウナのパートナーは誰!?スウパ出演ダンサーも参戦!

ネクストK-POPの女王を【クイーンダム 2】が2022年3月31日(木)から日韓中同時・日本語字幕付きでAbema TVで国内独占無料放送スタート。

今年デビューの新人グループから、K-POPファンなら顔を見ただけでわかるあの有名アーティストまで参戦するカムバックステージショー!

早速、第5話をチェック!

この記事は次のような方におすすめ!
クイーンダム2の5話のネタバレあらすじが知りたい!
クイーンダム2の5話を見た感想は?

このページでは【QUEENDOM2(クイーンダム 2)】の5ネタバレあらすじ5を見た感想・考察5視聴者の感想をまとめました。

【QUEENDOM2(クイーンダム2)】とは?

クイーンダム 2とは…

人気オーディション番組を手掛ける韓国を代表するエンターテインメント企業CJ ENMによる、K-POPガールズグループサバイバル番組!

前回のクインダムが放送されたのは、2019年10月。
約2年ぶりにシーズン2が始動。

今回は前回のクインダムやと同じく、同じ時間、同じ日に新曲を発売するカムバックショーで、ファンも投票し対戦していくのがこの番組の企画。
ただ、前回よりもスケールを大きくし、世界中のファンが参加できるグローバル投票プログラムを設置。

K-POPを代表する、”グローバルK-POPクイーン”を目指して6組のガールズグループが熱い想いでバトルを繰り広げる。

Sponsored Link

【QUEENDOM2(クイーンダム2)】前回までのあらすじ!

4話では、2次ステージの結果発表がされ

  1. ヒョリン
  2. 今月の少女
  3. ビビジ
  4. 宇宙少女
  5. ケプラー
  6. ブレイブガールズ

とういう結果になりました。

1次ステージ最下位の今月の少女は2位に急浮上!

2次ステージで全体的に獲得票が低く、出演者評価も悪かったブレイブガールズはファイナルステージ目前にしてピンチ!

3次ステージでは、歌ユニットとダンスユニットに分かれてチームをミックスした形でのバトル。

また、グルーバル評価がない3次ステージはブレイブガールズにとって有利なはず!気になる5話をチェック!!

Sponsored Link

【QUEENDOM2(クイーンダム2)】5話のみどころ

QUEENDOM2 (クイーンダム 2)】の5の見どころを紹介します。

見どころ①:スウパ出演ダンサーによるダンス指導!

韓国のダンスバトル番組スウパ(ストリートウーマンファイター/Street Woman Fighter)から3組が今回の3次ステージに参加!

ガビ、シミズ、リアン (LACHIKA)、モニカ(PROWDMON)、HoneyJ (Holy Bang) の5名3組が各ダンスユニットにダンスの指導/振り付けをするの雰囲気でしたね!

個人的に、モニカの指導に注目しています。あの予告編ですでにオーラ全開な彼女でしたからね!

◯見どころ②:歌ユニットとダンスユニットはどう分かれる?

前回の予告を見る限り、ダンスユニットは

  • ビビジ→シンビ、オムジ
  • ケプラー→ヒカル、シャオティン 、ダヨン
  • 宇宙少女→ヨルム、ウンソ
  • ブレイブガールズ→ウンジ
  • 今月の少女→ヒジン 、イヴ、チェリ 、オリビアヘ
  • ヒョリン

は見えた感じだとこうなりそうですね!

歌ユニットは

  • ビビジ→ウナ
  • ケプラー→チェヒョン 、ヨンウン
  • 宇宙少女→ダヨン、スビン
  • ブレイブガールズ→ミニョン
  • 今月の少女→キムリップ、ハスル、チュウ、ジンソル
  • ヒョリン

ヒョリンはソロなので必然的に両方に参加でしょうけど、それもヒョリンはこなしてしまうんだろうなと彼女のプロ意識に期待をしてます。

予告では、ウナは取り残されてる感じに見えましたが果たして運命は!?

Sponsored Link

【QUEENDOM2(クイーンダム2)】5話ネタバレあらすじ!

クイーンダム 25ネタバレあらすじについて書いていきます。

◯3次ステージ:ラウンド1テーマ「ポジションユニット対」

  • 各ポジション最大2500点ずつ、合わせて最高5000点を獲得できる
  • ユニットへの参加、人数、ポジションの制限はなく各グループ自由に決められる

◯3次ステージ:ラウンド2テーマ「ファンタスティック・クイーンダム」

  • ファンが選んだおすすめの曲でパフォーマンス
  • 最高1万5000点獲得可能

ということで、3次ステージは最高2万点獲得することができる。

全員に総合順位1位になれるチャンスが巡ってきた。

ダンスユニット争奪戦!?

クイーンマネジャーのイ・ヨンジンが用意した、団体ワークショップの会場にユニット参加者たちが続々と到着。

ユニット参加者がメンバーを決めるために”ボーカル”と”ダンス”の部屋へと別れる。

ダンスユニットには以下のメンバーが集まり、各ユニットの課題となるダンスが映像と共に発表される。

①KA-BOOM

KA-BOOMは賑やかな曲調でキレのあるダンス。

これをみていた参加者たちのウケもいい感じ。

②タミナ

参加者からは、「セクシー系だ」「ダンスを習った人のダンスだ」と難易度が高そうな雰囲気。

③Purr

ヒップホップ×セクシーでアップテンポ。①と③は似ている感じで、争奪戦になりそうな予感…。

Purrも参加者ウケがいい様子。

優先的に選択権は、現在総合最下位の今月の少女から。

ただし、重複した場合は点数の低いグループから別の曲に変えなければならない。

最初の選択権を握ったのは、今月の少女。

KA-BOOMかPurrに意見が分かれたが、Purrを選択。

そこへ、ブレイブガールズ・ウンジが。

「集まりそうな曲を選ぶと、自信をなくしてしまいそう。」というブレイブガールズらしい保守的な理由で、②のタミナを選択。

順調に分かれていくかと思いきや、ケプラーがPurrを選択し空席のないPurrにビビジが視線を向ける。

ビビジはPurrを選択し、総合得点の低い今月の少女は自動的に別の曲を選択しなければならず、第2候補のKA-BOOMへ。

宇宙少女はKA-BOOMを選択し、2チーム揃ったKA-BOOMに今度はヒョリンがやってきた。

今月の少女にとっては、最悪なことに避けたかった②タミナへ強制移動。

最終的に…

  • KA-BOOM:宇宙少女&ヒョリン
  • タミナ:ブレイブガールズ&今月の少女
  • Purr:ビビジ&ケプラー

のユニット構成となった。

ビビジ・ウナは選ばれるのか?ボーカルユニット決定!

ダンスユニット選考終了後、ヒョリンはボーカルユニットに合流。

A・B・Cに別れた部屋に以下の順番で選んで入っていく。

今月の少女はAルームを選択。ユニット相手の候補としてビビジ・ウナを選択。

続いて、ウナが部屋に向かうがウナはBルームへ。ウナの希望は、ヒョリンか宇宙少女。

ケプラーはAルームに入り今月の少女は大喜び。

ブレイブガールズ・ミニョンはCルームへ。ユニット希望相手はヒョリン。

ヒョリンは各部屋を見回った後、Cルームにいるミニョンと合流。

ヒョリンもミニョンとのユニットを希望していたと伝えると、大喜びのミニョン。

そこへ、宇宙少女が入室し、ヒョリンが飼っている猫のおやつを持ってきてアピール。

困った顔を見せるヒョリンとミニョンだったが、ヒョリンは「ごめんね!」と言い宇宙少女は一人で待っているウナがいるBルームへ。

ウナは、ヒョリンと宇宙少女が入室したにも関わらず一度出て行ったので複雑そうな顔で待っていた。

「ヒョリン先輩に振られてからこっちに戻ってきたんでしょ…」と図星なことを言うウナにドキッとした顔を見せた。

  • ブレイブがールズ⇄ヒョリン
  • 今月の少女⇄ケプラー
  • ビビジ⇄宇宙少女

ユニット中間発表!ブブゴル・ミニョンはうまく歌えるのか⁉︎

ボーカルユニットが決まったところで、ToDoリストが渡される。

ビビジ×宇宙少女:宇宙を抱く銀河(ウジュルプムン・ウナ)

ToDoリストに書かれたまず最初にやることは、ユニット名を決めること。

最初はそれぞれの名前の文字をとった名前にするという、ウナの案が出た。

が、バラード系の曲と合うユニット名がいいとなり「宇宙を抱く少女(ウジュルプムン・ウナ)」となった。

自分たちに合うベストな曲を探そうと、選曲に時間がかかっている”宇宙を抱く銀河”チーム。宇宙というワードが入っているのもいいねと様々な案がでる。

SEVENTEENの曲やBTSの曲、ユ・ジェハの曲…あげるとキリがない彼女たち。

ペク・イェリンの「宇宙を渡って」を中間発表で披露曲としてチョイス。

今月の少女×ケプラー:太陽と月(ヘワダル)

今月の少女・チュウが「クイーンスペース!」とユニット名をあげてみたものの全員無言。

そこで、ケプラー・チェヒョン が「ケプラーは「太陽」を象徴としているグループだ」と説明。

両チーム宇宙の天体の名前であることに気づいたメンバーたちは「太陽と月」とユニット名を決定。

EXOの「バタフライガール」が候補として上がり、全員で歌ってみていい感じにハモる。

今月の少女のハスルはどこかしっくりこなくて、もう一曲 I.O.I の「通り雨」を提案。

通り雨を練習してみてこちらにも手応えを感じた太陽と月チーム。

果たしてどちらの曲を選ぶのか?

ブブゴル×ヒョリン:33

お互いをユニット相手として希望していたミニョンとヒョリン。

ヒョリンのおすすめの曲、ボラの「私の思春期へ」を練習。

原曲のキーに対して、ステージではインパクトが必要になるからとヒョリンはキーを1つ上げることに。

それに対して、ミニョンは「曲を、歌をダメにしてしまうのではないか」と不安を打ち明ける。

「失敗してもないのに、失敗することを心配してどうするの?声が出ないことを恐れないで!」

と、喉の調子がまだ悪い状態かつ、2次ステージで自信喪失気味のミニョンを心配しながら元気付けるヒョリン。

ボーカルユニットの中間発表!

中間発表に向けて、ユニットに参加しないメンバーたちが団体ワークショップのために準備を進めていた。

ディナーは豪華なバイキングでみんな和気藹々と交流を楽しむ。

特設ステージにクイーンマネジャーのイ・ヨンジンが登場。

ボーカルユニット中間発表トップバッターは、ビビジ×宇宙少女”宇宙を抱く銀河”

宇宙を渡って」を披露し、清らかな3人の歌声のハーモニーに会場もうっとり。

2番手は、今月の少女×ケプラー”太陽と月”

EXOの「バタフライガール」を中間発表曲に選択。

今回のユニットの中で人数が一番多い太陽と月チーム。

通して練習できたのが2回ほどしかなかったと言っていたが、見事、女性らしい綺麗なハモりを見せた。

最後のボーカルユニットはブレイブガールズ×ヒョリンの”33”

練習通りボラの「SOME(私の思春期へ)」を披露。

イントロが始まった時点で曲に聞き入る他のグループメンバーたち。

練習中に、ミニョンがなかなかうまく声を出せていなかったパートの最初の一音を発して終わった。

全員気になりすぎてリアクションが様々だったが、

「ここまでしか練習してないのか、わざとここまでなのかきになりますが中間発表終了!」

と得意のトークで笑いを誘った。

そして、出演者たちが各自気になる2チームに票を入れる。

そして!

中間発表で評価の高かったチームには、キューシートの順番選択権が渡される。

果たして結果は?

次回、6話につづく!

【QUEENDOM2】クイーンダム2の6話の次回予告!

ビビジ×ケプラーのPurrチームは、動画でHoneyJと対面。

指導には同じチームHoly Bang からヘルツが。

宇宙少女×ヒョリンのKA-BOOMにはLACHIKAの3人が。

めちゃくちゃ楽しそうに笑っていますし、LACHIKAさんも明るい印象ですがどうなるのか楽しみ!

そして、ブレイブガールズ×今月の少女のタミナチームは、オーラ出まくりのモニカと対面!

何やら早速スパルタ風景が目につきますね。

ここだけ見ると、バレエが得意なブレイブガールズのウンジはタミナが合っていそうですが、果たして?

ボーカルユニットのステージシーンもちらっと流れていましたね。

ビビジ×宇宙少女の「宇宙を抱く銀河」チームは華やかできれで繊細な印象。

まさに、彼女たちの声のような演出。

さらに、曲がしっとり切なく淡い感じの歌だからインパクトを残す!

とアイディアを出していたヒョリン×ブレイブガールズ・ミニョン。

聞き入ってもらえる世界を作り出すためにすごくシンプルなステージに見えますね。

予告では、ヒョリンだけが見えましたが、暗闇のどこにミニョンが?

そして、あの暗闇がどう変わっていくのか気になりますね。

 

Sponsored Link

【QUEENDOM2(クイーンダム2)】5話ネタバレ感想は!

クイーンダム 25ネタバレ感想について書いていきます。

今回はボーカルユニットメインの回でしたが、ヒョリンが救済者に見えてきました。

前回も、最下位になった今月の少女を選択してましたが、今回も2次ステージ最下位だったブレイブガールズと組みに行ってましたもんね。

ブブゴル・ミニョンの喉の調子が戻れば、ミニョン×ヒョリンのボーカルユニットは最強な気がしてます。是非勝ち抜いて、自信を取り戻して欲しいですよね。

そして、ダンスユニットでちょこちょこ気になったのが宇宙少女のウンソのテンション

ダンスとやや関係ないけど、見てて楽しかった(笑)

でも、やっぱりきになるのはダンスユニットに次回いよいよ!参加してくる振り付けの先生方々。

いくらステージで踊っている参加者たちとはいえ、ダンス一本でやっているプロたちからの指導には新鮮味を感じつつ苦戦しそうですね。

現に次回予告のモニカ先生…オーラが。

前回に引き続き、もう一度言わせてください…オーラがやばい。

ボーカルユニットもダンスユニットもどう仕上げてくるのか楽しみですね!

Sponsored Link

【QUEENDOM2(クイーンダム2)】5話視聴者の感想は!

クイーンダム 25視聴者の感想について書いていきます。

ケプラーがモテモテ!

ブレイブガールズ推し!もっと上位でいいはずでしょ!

ヒョリン先輩の引き上げ力に期待!にしても同年代の話に胸が熱くなった〜!

と、ケプラーモテモテ説否めないですね!

若手組ですが、やはりオーディションバトル勝ち抜いただけあって先輩たちも一目置いている感じですね。

そして、若い反応もみていて可愛いし癒される部分もあるんでしょうね…微笑ましい!

そして、やはりヒョリンの手の差し伸べ方がもはやクイーンだという声が多いですね。

ブブゴルの実力に対しての謎の集計数と毎回そう言った声も見かけますが、ヒョリン自身も色々自分と重なる部分が見えて、しかも、同い年なのがさらに拍車をかけてか認められるべきなのをわかっているのかなと感じました。

次回、その思いが伝わるステージを披露することに期待ですね!

【QUEENDOM2】5話ネタバレあらすじと感想のまとめ

クイーンダム 25ネタバレあらすじのまとめについて書いていきます。

3次ステージは2ラウンドに分かれる。

ラウンド1はポジションユニット対決で、ボーカルとダンスに分かれる。

ラウンド1は、各ユニット最高2500点ずつ、ユニット合計最高5000点獲得が可能!

ボーカルは、今月の少女×ケプラー、ビビジ×宇宙少女、ブレイブガールズ×ヒョリンの3ユニット

ダンスは、ビビジ×ケプラー、ブレイブガールズ×今月の少女、宇宙少女×ヒョリンの3ユニット

ボーカルユニットの中間発表が終了し投票開始!中間発表トップはキューシートの順番決定権を獲得!

中間結果発表は6話にて!

記事内画像の出典:ABEMA

恋愛ふりーくす