【青春スター】10話ネタバレあらすじと感想!今回のライバルは今までの仲間?準決勝スタート!

青春スター

【青春スター】10話ネタバレあらすじと感想!今回のライバルは今までの仲間?準決勝スタート!

【青春スター】10話ネタバレあらすじと感想!今回のライバルは今までの仲間?準決勝スタート!

「ABEMA」と「CHANNEL A」による世界規模の日韓男女グローバルオーディション【青春スター】がABEMAで配信されます。

男女総勢108名の参加者たちが「アイドル」「ボーカル」「シンガーソングライター」の3派で頂点を目指す新しいオーディションです!

この記事は次のような方におすすめ!
青春スター10話のネタバレあらすじは?
青春スター10話のネタバレ感想が知りたい!

このページでは【青春スター】の10話ネタバレあらすじと感想、10話放送後の視聴者の感想をまとめました。

【青春スター】前回までのネタバレあらすじ!

3Rの5戦目から7戦目が行われました!よって22人が準決勝に進出しました!

エンジェルパスで敗者復活したのボーカル派のカン・チャンフィ、シンガーソングライター派のク・ギフンでした!

【青春スター】10話ネタバレあらすじ!

青春スター】の10話のネタバレあらすじです。

23人で準決勝がスタート!

準決勝は2ラウンドに分けられます!

1ラウンドは個人戦

(エンジェルミュージシャンで800点、観客は200点の合計1000点で評価)

2ラウンドはライバル戦

(2Rはエンジェルミュージシャンで400点、観客は200点の合計600点で評価)

2ラウンドの合計でトップ7が決まり、生放送の決勝戦への切符を手に入れることができます!

①パク・ジョンヒョン(ボーカル派)

イム・ジェボム/飛翔

つらい状況に聞いていた思い出の曲。練習では声が出ずに悩んでいました。本番では鳥肌の立つ個性的なステージを披露できましたが緊張で震えてしまったよう。

総合点368点

②カン・チャンフィ(ボーカル派)

TOY/Is It Still Beautiful

元々偏頭痛があったチャンフィ。体調がすぐれないままで音域が高くなってしまい後悔が残りますが、今できる精一杯の力を出せたよう。

総合点309点

③ペク・ヒヨン(ボーカル派)

イム・ジェボム/After This night

インパクトのある声量と素晴らしいリズム感で会場を沸かせました!まるでコンサートのようで原曲者を塗り替えるようなステージに!

総合点890点  

④キム・ソンイン(ボーカル派)

2AM/This Song

練習時は、自信を失っていましたが、悔いが残らないように力を尽くすことに。まだ高校生なのに完成度が高く、緊張していなかったことが高く評価されました。

総合点504点

⑤ソン・ウィソン(ボーカル派)

Brown Eyed Girls/Awbracadabra

原曲を消す解釈とリズム感で個性を爆発!ラップも組み入れ、観客を驚かせましたが、好き嫌いが分かれるステージであり、審査員からはあまり評価が低くなかったよう。

総合点392点

⑥キム・テヒョン(ボーカル派)

イスンファン/Ond thousand days

原曲者の前で緊張もありながら迫力があるステージを披露!ストーリー性があり歌詞を伝える技術があると高評価でした!

総合点832点

⑦ヒョン・シニョン(ボーカル派)

パクヒョシン/Breath

元々好きな曲でありましたが練習時では歌い方に悩みます。本番ではさすがボーカル派のステージと審査員から大絶賛。初のオールパスを獲得!

総合点929点

⑧パン・ジュンウォン(ボーカル派)

SANULLIM/If I confess,Be totally suwrprised

喉の調子を悪く緊張が募ります。ロックテイストにアレンジした曲でしたが、本調子が出せずにミスの連続。評価が悪く終わってしまいました。

総合点121点

⑨アイドル派(ヤン・ジュニョク、キム・ドハ、ロビン、ロレンス、キム・スンヒョク)

BTS/I NEED U

大胆なアレンジから始まったでしたが、パフォーマンスはインパクトが強くなかったとあまり評価が良くありませんでした。完璧でないと言われてしまいます。

総合点557点

⑩アイドル派(パク・ヒョン、イ・ハンジュン、チョン・ソンユン、カズタ、チャン・ヒウォン)

EXO Love Shot

上手すぎると一同大歓声で会場がざわつきました。審査員の心もつかみ文句なしでオールパスでした!まだデビューしていないのが不思議との大絶賛も。中でもパク・ヒョンは、1番番組で成長した姿を見せることができました。

総合点984点

Sponsored Link

【青春スター】10話ネタバレ感想!

青春スター】の10話ネタバレ感想です。

いつの間にかもう準決勝に突入しましたね!準決勝は個人戦とライバル戦に分かれるということで今後熾烈な争いになりそうですよね!

スタートを飾ったボーカル派は歌だけで勝負しないといけない中、堂々とした歌声と声量のメンバーばかりでとても心を奪われます!1人でもステージが様になるのは相当な実力者だと感じます!

さて、アイドル派ですがカズタのグループがとんでもなかったです!とても練習生とは思えない迫力で1人1人の魅力が大爆発していました!現在1位であるので優勝に近いのでは?と思いますね。

一方のジュニョクのグループも次回奮闘して欲しいです!シンガーソングライター派もどんな個性派ステージを準備しているのか!今から楽しみです!

Sponsored Link

【青春スター】10話放送後の視聴者の感想!

青春スター】の10話放送後の視聴者の感想です。

ジュニョクとカズタは一緒にデビューして欲しい!アイドル派の審査はどうなるんだろ!

青春スターめちゃめちゃ熱いのにそこまで話題になってないのが悔しい!

 

EXOのLove Shotチームがエグすぎて言葉がでない!やばい!

【青春スター】10話ネタバレあらすじと感想!今回のライバルは今までの仲間?準決勝スタート!まとめ

今回は【青春スター】の10話ネタバレあらすじと感想、10話放送後の視聴者の感想をまとめました。

準決勝の1ラウンドの個人戦が行われました!

現段階での1位はアイドル派のパク・ヒョンイ・ハンジュンチョン・ソンユンカズタチャン・ヒウォン!オールパスを獲得し一同を沸かせました!

記事内画像の出典:AbemaTV

恋愛ふりーくす