フープリ(who is princess?)最終回15話ネタバレあらすじ感想!ついにデビューメンバー決定!新グループ名は!?

Who is Princess?

フープリ(who is princess?)最終回15話ネタバレあらすじ感想!ついにデビューメンバー決定!新グループ名は!?

フープリ(who is princess?)最終回15話ネタバレあらすじ!

ガールズクラッシュグループ5人組のデビューを目指すオーディション番組【Who is Princess?フーイズプリンセス】通称【フープリ

今回は、フープリ(Who is princess)最終回!!

ファイナルミッションの最終審査!!

ついにガールズクラッシュグループのメンバーがが決定!

夢を掴んだ5名のメンバーは誰?

 

この記事はこんな情報を知りたい方におすすめ!

・フープリ(Who is princess)最終回第15話のネタバレあらすじを知りたい

・フープリ(Who is princess)最終回第15話を見た感想は?

 

今回は、フープリ(Who is princess)最終回15話 ネタバレあらすじ感想をまとめています。

フープリ(Who is princess?)前回までのあらすじ

フープリ(Who is princess?)前回までのあらすじです。

前回はファイナルミッション後半戦!

GALACTIKAが制作した新曲「SOMEBODY」で対決!!

振り付けはNiziUの縄跳びダンスを考案したキール・トゥテンが担当。

練習生たちは超難易度の新曲に練習をたくさんして、審査会場を訪れました。

プリンセス組は前半「FAN」のステージで緊張していたと指摘されあまりいい評価ではなかったが、後半では緊張を克服し、GALACTIKAのFRIDAYさんからは高評価をもらえた。

ウンギョン先生からは少し厳しい評価だったけれど、RINUTAが成長していたと高評価。

チャレンジャー組は「FAN」に続き「SOMEBODY」でも高評価。

今までプリンセスに上がったことがないYUKINOは誰よりも練習を頑張った結果、ウンギョン先生に「成長している」と褒められていた。

SOMEBODYのステージは誰がプリンセスになってもいいぐらい、すばらしいパフォーマンスでした。

この中からついにデビューメンバーが決まる!

果たして夢を叶える5名のメンバーとは一体誰?

Sponsored Link

フープリ(Who is princess?) 最終回15話の見どころは?

フープリ(Who is princess?)最終回15の見どころは?

ついにサバイバルプログラムが完結!

フープリのデビューメンバーが発表!

誰がメンバーになったのか、グループ名も気になる!

これからはプロのアーティスト!

グループお披露目はシューイチに生出演!?

生パフォーマンスも披露されるので楽しみです。

 

関連記事フープリ(who is princess)メンバー 一覧!

フーイズプリンセスメンバー プロフ 一覧 !身長順・年齢順!ダンス歴まとめ!

関連記事フープリ全話ネタバレ結果

フーイズプリンセス 結果ネタバレ!最終回までの脱落結末予想と全話あらすじまとめ!
Sponsored Link

フープリ(Who is princess?)最終回第15話 ネタバレあらすじ

フープリ(Who is princess?)最終回第15話が2022年1月23日「シューイチ」内で放送予定。シューイチ放送後完全版がhuluで配信予定です。

フープリ(Who is princess?)最終回第15話はだ放送(配信)されていません。

フープリ(Who is princess?)最終回第15話のネタバレあらすじは番組放送後に更新します。

最終審査

パフォーマンス終了後、GALACTIKAがデビューメンバーを決めます。

ウンギョン先生は見届け役ですが、審査の際、リモートで対談していました。

FRIDAY(GALACTIKA)は綺麗だけど、伸びしろや自分が描いているグループに合っているのかという点でメンバーを決めるのに慎重になっていました。

以前にもオーディションの審査で伸び代がないということで、選ばなかったことがあるそうです。

「とても心が痛む」

実力と伸び代のバランスがとれたグループとは・・・

慎重に審議した結果、5名のメンバーが決まりました。

グループ名・デビューメンバー発表

グループ名・デビューメンバー発表されました。

グループ名「PRIKL」(プリキル

 

デビューメンバー

UTA(14)

RINKO(14)

RIN(13)

YUKINO(14)

NANA(14)

 

プリキル(PRIKIL)メンバーのプロフィールまとめ記事はこちら↓

プリキル(PRIKIL)メンバー一覧!身長順や年齢順に顔画像やカラーまとめ!どこの事務所?

 

UTA

最初に名前を呼ばれたUTA。

「え?私?」という表情でなかなか前に出れず、他のメンバーに背中を押されて前に出てきました。

UTA

「本当に呼ばれると思っていなくて、すごくびっくりしているんですけど、本当にありがとうございます。自分一人では結果は生まれなかったですし、みんなの支えがあったことだと思います。
選んでいただいたことに感謝して、これからも成長するように頑張ります。」

GALAKTIKAがUTAを選んだ理由

UTAはあまり綺麗に見せたり、かっこよく見せたりしないけど、ありのままの姿を見せていて、それは持って生まれたもの。

UTAには飾る必要はなく、ステージでまさに「UTA」だった。

それがPRIKLのメンバーになる資格がある。

 

幼少期からのバレエの癖が抜けず、苦戦し続けてきたUTA。

力強いダンスを求め、絶え間ない努力を続け、仲間が認めるほどまでに成長した。

ボーカル面でもりょんりょん先生に成長したと認められ、歌ダンスともに急成長したことで、デビューメンバーに選ばれました。

 

ウンギョン先生

「不可能を可能にしたと思います。

UTAが今まで私にみせてくれた姿の数々を考えると、これからがたのしみです。

デビューおめでとうございます。」

りょんりょん先生

「感動しました。

こういう伸びしろでいくんだったら、こう言うふうにえらばれて当然だなと思いました。」

UTAは「これがゴールではないのでスタートラインだと思って一から頑張りたいと思う」と意気込みを語った。

RINKO

2番目に選ばれたRINKO

RINKO

「選ばれるのかなと自信がなくなっていたけど、今発表して下さって、本当に嬉しい気持ちがいっぱいで練習生生活をして1年が経ったんですけど、本当にボーカルの先生やダンスの先生に感謝の気持ちでいっぱいです。」

GALAKTIKAがUTAを選んだ理由

最初にずば抜けた才能は見えなかったが、このバングにが始まってこれだけ成長できる子なら、2年、3年、10年後にどんな歌手、そしてどんな芸能人になっているかとても興味が湧いた。

デビューを選ぶ上で伸びしろは大事で、それにぴったりなメンバーだと思ったので選んだ。

 

ダンス歴わずか1年たらずで挑んだイーディション、ボーカル面でも大きな課題が課せられたが、努力を続けた結果、成長した姿を最後に披露し見事デビューが決定した。

ウンギョン先生

「おめでとうございます。

今日は最高のステージだったと思います。

RINKOを初めて見た時からアイドルにならなきゃならない子だなと思っていたのですが、今日は完璧なステージを見せてくれたと思います。」

りょんりょん先生

「一番最初、一番目立った人のベスト3にもRINKOは入らなかった。

それどんどんあなた中心になっていって、

歌い癖がきつかったけど、それを治す力がものすごく早くて、

そこからとんとんといった(上達していった)ので、あなたの努力がすごかったからです。」

ソンウン先生

「RINKOは選ばれて当然の人だと思ってます。本当におめでとうございます。」

 

RINKO

「本当にデビューできるのかなって何度も思ったけど、ファイナルステージは想像していたよりも楽しくて、最高のパフォーマンスができたと思うので心から感謝しています。」

RIN

3人目に選ばれたRIN

RIN

「嬉しそうで泣きそうです。練習生歴は短かったけれど、みんなに助けられてここまでやってきたので、一番はみんなのおかげじゃないかなと思うぐらい本当に助けられたなと思っています。」

GALACTIKAがRINを選んだ理由

RINは子供のようだけど、ステージの上に上がったら人が変わる。

それはアーティストとして必要なことで、その点がかっこいいと思ったし、大きな魅力のポイントです。

RINのパフォーマンスは今まで散々見てきた既存のアイドルグループのメンバーのように感じられ、絶対必要な子だと思った。

 

最年少RINが圧倒的存在感でデビューの座を勝ち取った。

 

ウンギョン先生

「RIN将軍、おめでとうございます。

13歳なのに大胆さとカリスマがいつもステージで全てのミッションで輝いていたと思います。

当然の結果だと思います。」

 

RINは、デビューしたからには今までお世話になった方々に恩返しできるように頑張りたい、15人からのスターとだったので、デビューできない子の気持ちを背負って、しっかり気合を入れ直してもっと輝けるようにがんばっていきたいと意気込みを語った。

YUKINO

4人目に選ばれたのはYUKINO。

YUKINOは涙を浮かべながら、今の気持ちを語った。

「私をデビューメンバーに選んで下さって、本当にありがとうございます。

今までCHALLENGERでずっと悔しい思いをして、でもたくさんみんなが支えてくれて、

成長することができて、先生方にもいろいろなアドバイスをいただいてこれまでこれたと思うので、

本当に嬉しいですし、ここがゴールではなくスタートだと思うので・・・

私は人一倍努力をしていかなきゃいけないと思うので、たくさん努力して良い姿を皆さんにお見せできるように頑張りたいと思います。」

 

GALACTIKAがYUKINOを選んだ理由

YUKINOに対して半身半疑だったが、「そうしてこんなに上手なんだ?どうして目に入るんだ?」と混乱するぐらい今日のステージで自信のある姿を見せてくれた。

YUKINOの誠実さがある時から見え始めたが、今日のステージで最高潮となった。

 

諦めずに努力し続けた雑草魂で見事デビューの座を勝ち取った。

 

ソンウン先生

「YUKINOを見ながら感じたのは青の子は他の姿もあるはず、もっと他のさまざまな姿を見せてくれるはず、そんな期待を持たせるステージでした。」

 

ウンギョン先生

「皆さんはアーティストでありアイドルでもあるので、ファンの方の愛が必要なんですね。

YUKINOの持っているスター性と言うのがすごく重要だなと思います。

これからもすスターとして愛らしい姿を見せながら、かっこいい姿も見せて成長していくYUKINOを見せて欲しいなと思います。」

りょんりょん先生

「あなたを見てると、たくさんの人がそうだと思うけど、心が洗われます。これに尽きます」

YUKINO「今まで教えて下さった先生に感謝の気持ちでいっぱいです。」

 

「その気持ちを返していかなきゃね」という西川貴教の言葉にYUKINOは「はい」と大きな声で答えた。

NANA

最後に選ばれたNANA

「最後にデビューメンバー選ばれると思っていなくて、選んでいただけて本当にありがとうございます。

一緒に練習してきて辛いことをいっぱい乗り越えてきたみんなに感謝の気持ちでいっぱいです。

これで終わりじゃなくてまだスタートラインにも立てていない状況だと思うので、一緒にデビューしようって約束したSENAちゃんや、デビューできないメンバーの分まで私がもっと頑張っていつか同じステージに立てた時に負けないように努力し続けたいと思います。」

GAKACTIKAがNANAを選んだ理由

NANAがステーいを重ねるたびにどうどん上手になっていく姿を見ながら、見ようとしなくてもNANAが見えるようになってきた。

人を惹きつけられる魅力がある人はそんなにいないので、変わりがないと思い、PRIKILのメンバーとしてピッタリだと思った。

 

圧倒的な存在感で常にプリンセス組に居続けたNANA

自分を表現することに苦戦したが、人を魅了する感情表現を追求し続けた。

最後にチャレンジャーに降格したが、ラストステージでは絶対的なセンターとしての役割を果たした。

 

りょんりょん先生

「あなたが多くのファンを魅了するだろうと言うことはわかっています。

だから、多くの人に愛されてください。

そしてまた愛される努力を続けてください。

おめでとう。」

ウンギョン先生

「NANAは自分に足りない部分を埋める、そこを満たしていくために努力をたくさんしたという姿を私走っているのでこの位置に立てたと思います。

 なので、NANAのこれからがとても期待できます。」

ソンウン先生

「私も確信を持っていたメンバーです。

デビューしても自信を乗って、継続する気持ちを忘れずに頑張って欲しいです。」

NANAは自分を支えてくれた周りの人や応援してくれた家族に大きく感謝していた。

PRIKIL誕生

MC の西川貴教がPRIKILをどんなグループにしていきたいか、一人ずつコメントを求めた。

RIN・・・ガールズクラッシュを目指してきたので女の子にも好かれるようなかっこ可愛いグループ。

YUKINO・・・余裕のあるかっこいい姿を見せれるようなチームになっていきたい。

RINKO・・・5人でスターと言われるぐらい成長していきたい。

UTA・・・自分が最年長。しっかりして実力面でも成長しなければいけないので、気合を入れ直してがんばりたい。

NANA・・・世界で認められるようなかっこいいグループになりたい。

 

西川貴教

「名前を呼ばれなかった5名。

本当にここまでいろんなMISSIONNに頑張ってくれました。

みんなとまた僕は会いたいなと思っているし、そうなるように僕も頑張っていきたいと思います。

5名ではなくて10名に盛大な拍手をお願いします。」

 

これにてサバイバルプログラムが完結

 

PRIKILがシューイチで生出演し『FAN』を生パフォーマンスしました。

5人で立つのは初めてのステージだったけど、指先まで合うように練習してきたメンバーたち。

すばらしいステージでした。

デビュー曲は5月に向けて動いているとのこと。

デビュー曲の披露が楽しみですね!

これからもPRIKILを応援していきたいと思います。

フープリ(Who is princess?)最終回第15話 ネタバレ感想

フープリ(Who is princess?)最終回15話が2022年1月23日「シューイチ」内で放送後、完全版がhuluで配信予定です。

フープリ(Who is princess?)最終回第15話はだ放送(配信)されていません。

フープリ(Who is princess?)最終回第15話のネタバレ感想は番組放送後に更新します。

デビューメンバーが発表されましたね。

まず5名のみなさん、デビューおめでとうございます。

PRINKLで他のグループに負けないぐらい素敵なガールズグループに成長してほしいですね!

GALACTIKAの審査を見ていると伸びしろや、カリスマ性、どれだけ惹きつけられるのかスター性を意識して審査しているんだなと思います。

 

YUKINOのデビュー決定にとても感動しました。

ずっと、プリンセスに上がれなくて、最後の最後に努力を実らせてすごいなと思いました。

RINKOは、ハイトーンボイスが魅力的で、どんどん歌もダンスも上手くなっていて、デビューできて良かったなと思いました。

YUKINOとRINKOの親友コンビが同じグループでデビューできたのが、個人的に嬉しいです。

 

RINは本当に13歳なの?というぐらい貫禄のありますね。

目力が強く、ダンスも上手くて、カメラ目線の時に人を惹きつける子だなと思っていたので、やっぱりこういう子がデビューするんだなと思いました。

RINはリーダー経験もあるし、みんなを引っ張ってくれそうですね。

UTAはバレエの癖があってダンスでずっと苦戦してましたが、努力してすごく上手くなっていました

もともと歌で評価されていましたが、表現力に磨きがかかって、歌ダンスともに最初の頃に比べてすごく上手くなっていたので、デビューできて良かったなと思いました。

NANAは最初から一際目立っていて、ダンスもうまいし、ずっとデビューするなと思っていました。

歌や表情に苦戦していましたが、それらを乗り越えてデビューできて良かったなと思いました。

フープリ(who is princess?)最終回第15話ネタバレあらすじ!まとめ

今回はフープリ(Who is princess?)最終回第15 ネタバレあらすじ感想まとめでした。

フープリ(Who is princess?)最終回第15話が2022年1月23日「シューイチ」内で放送予定。シューイチ放送後、完全版がhuluで配信予定です。

フープリ(Who is princess?)最終回第15話はだ放送(配信)されていません。

フープリ(Who is princess?)最終回第15話のネタバレあらすじ感想まとめは番組放送後に更新します。

最終回はデビューメンバー発表と、シューイチで生出演&生パフォーマンス。

夢を掴んだ5名はUTA・RINKO・YUKINO・RIN・NANA

新グループ名は「PRIKL」(プリキル)

 

デビューおめでとうございます。

これからもPRIKLのみなさんを応援していきたいと思います。

最後までご覧頂きましてありがとうございました。

記事内画像出典:Twitter(Who is Princess?)

恋愛ふりーくす