フープリ(who is princess?)6話ネタバレあらすじ!自分との戦いに勝ってプリンセスの座を勝ち取るのは誰?

Who is Princess?

フープリ(who is princess?)6話ネタバレあらすじ!自分との戦いに勝ってプリンセスの座を勝ち取るのは誰?

ガールズクラッシュグループ5人組のデビューを目指すオーディション番組【Who is Princess?フーイズプリンセス】通称【フープリ

第6話でも引き続きPRINCESSとCHALLENGERが1 VS 1でダンス&ボーカル対決!!

先生の厳しいコメントに涙する練習生。

涙を克服し、練習の成果をステージで発揮できるのは誰?

第6話の見どころは・・・

・練習生たちの涙と努力

・自分との戦いに勝ってプリンセスの座を勝ち取るのは誰なのか?

 

今回は、フープリ(Who is princess)第6話 ネタバレあらすじ感想をまとめています。

フープリ(Who is princess?)前回までのあらすじ&第6話のみどころ

フープリ(Who is princess?)前回までのあらすじと、第6の見どころです。

前回も引き続き、MISSION2 のソロパフォーマンスバトルでRINKO VS YUKINO ,AINA VS COCOの対決でした。

RINKO VS YUKINO結果

14歳親友同士の対決で、RINKOプリンセスYUKINOチャレンジャーになりました

AINA VS COCO

COCOプリンセス(昇格)AINAチャレンジャー(降格)で組み替えとなりました。

そして第6話の見どころは?

今回はRIN、RINKA、NIJIKA、RANがミッション2に挑みます。

鬼コーチに努力が足りていなことや、自信のなさを指摘されて、涙を流す練習生。

涙を克服し、努力する練習生たちの気合いに注目!

関連記事フープリ(who is princess)メンバー 一覧!

フーイズプリンセスメンバー プロフ 一覧 !身長順・年齢順!ダンス歴まとめ!
Sponsored Link

フープリ(Who is princess?)第6話 ネタバレあらすじ

フープリ(Who is princess?)第6話が2021年11月7日「シューイチ」内で放送後、完全版がhuluで配信予定です。

フープリ(Who is princess?)第6話ネタバレあらすじは、放送終了後に更新します。

ミッション2 ソロパフォーマンスバトル BATTLE3NIJIKA VS RINKABATTLE4がRIN VS RAN の対決。

BATTLE5 NIJIKA VS RINKA

プリンセス組からはNIJIKA、チャレンジャー組からはRINKAがBATTLE3で対決。

ROUND 1

ROUND1ボーカル対決の課題曲は・・・

「花に亡霊」/ヨルシカ

夏の切ない美しさと切ない別れをうたった歌詞で、優しく強弱の歌声がポイント。

レッスンの時に「NIJIKAは大人」「表情が硬い」「声が小さい」と指摘されていた。

おとなしい性格ゆえ声量が小さくなってしまうのがNIJIKAの弱点。

対戦相手RINKAの歌声を聴いて不安になってきたので、ノートに歌詞を書いて感情を研究したり表情を鏡でチェックしたり、風船を膨らまして声量を上げの為に肺活量を鍛えたりするなど、努力をしていた。

一方、RINKAはNIJIKAとは全く逆でいつも堂々としたパフォーマンスで自信に満ち溢れている。

ボーカルレッスンでは、りょんりょん先生に「語尾を丁寧に」と指導された。

RINKAも何度も何度も練習を繰り返した。

 

いよいよ本番。

まずはプリンセス組のNIJIKAのパフォーマンス。

本番直前、NIJIKAに異変が起きた。

極度の緊張から苦しそうな表情で、喉を抑える。

「大丈夫です、すみません!すみません!」

と言って、少し落ち着かせなんとかパフォーマンスを開始した。

緊張の中、感情を表したり、声量も練習の時よりは上がっていて、NIJIKAのパフォーマンスは練習の成果がよく出ていた。

次はチャレンジャーのRINKA

語尾を丁寧に歌えるかがRINNKAに対する課題。

表情も豊かでしっかり歌っていたようだが、語尾が丁寧だったかどうかは素人には分かりにくかった。

リョンリョン先生の評価は・・・?

NIJIKAに対しては、頑張ったね」と評価していた。

まだまだ表情は小さいけど、レッスンの時はもっと小さかったし何もなかったので、硬かった表情が変わったことを評価された。

しかし、「すみません、すみませんと言って生きるのやめて」とNIJIKAに対して指摘。

『すみません、すみません』がが邪魔している。」

表情が硬くなって堂々とした自分を発揮できないので、「もう謝らないでね」とNIJIKAにアドバイスした。

一方、RINKAには「フレーズの語尾全部放り投げていた」と指摘した。

「あなたはもっとできそうなのに、できないってことがもどかしい。」

RINKAは課題の語尾をていねいにすることができていなくて、低い評価だった。

ROUND 2

ROUND1ダンス対決の課題曲は・・・

I CAN’T STOP ME/TWAICE

ダイナミックかつシンプルな振り付けと細かく合わせた振り付けが組み合わされた難易度が高いダンスが特徴。

ダンスレッスンの時、「振り付けを全体的に理解して、リズムをもっと性格に、振り付けや音楽が1カウント変わるごとに表情も変えるよう指導された。

「単純な振り付けをコピーするだけでなく、曲の雰囲気を理解して、研究をたくさんして練習してほしい」とウンギョン先生は語っていた。

練習と研究を重ね、ダンスチェック。

NIJIKAには「ウインクを1回か2回にして。」と指摘。

可愛いけど同じことばかりするのは面白くないので、もっと研究するようアドバイスした。

RINKAには歌詞を覚えておらず、注意された表現力がなかったことを指摘された。

振り付けだけ覚えて終わりじゃなくて、あなたのものを作らないと。

あなたみたいに怠けてしまう練習生はいない。

歌詞の意味が全然分かっていなかったことを見透かされていたことに呆然とするRINKA。

歌詞をノートに書いて、通訳さんに意味を教えてもらって研究を開始。

練習の際の努力がウンギョン先生にも届いてたようだ。

いよいよ本番。

ウンギョンの評価は・・・

「NIJIKAは本人が研究して練習してきた成果が今日のステージで見せれたと思います。まだ上手くなっている途中なので、成長することを祈っています。」

NIJIKAに対しては、練習してきた努力が評価された。

一方、RINKAは・・・

「今日のステージは良くも悪くもなかった。RINKAはカメラの前で自分自信を要言するのを知っている人だし、自分の長所花にかを知っている人だと思います。この職業が才能だけでは絶対にできないと思っているので、他の仕事をしている人より辛いし努力もたくさん必要ですがRINKAのステージからは切実さが感じられませんでした。」

RINKAに対しては、自信だけが見えて、努力が見えないステージだったと厳しい指摘をされた。

NIJIKA VS RINKA 審査結果

NIJIKA VS RINKAの審査結果は・・・

NIJIKA・・・PRINCESS

RINKA・・・CHALLENGER

 

NIJIKAのコメント・・・

「まだ足りていない部分を改善して、成長した姿をさらに見ていただけるよう精一杯がんばります・」

RINKAのコメント・・・

「自信があったんですが、それを完璧に見せることができなくてすごく悔しいですが、次チャンスがあるとしたら、また完璧な姿をお見せしたいです。」

BATTLE6 RIN VS RAN

プリンセス組からはRIN、チャレンジャー組からはRANの2人が対決。

ROUND1 

ROUND1 ボーカル対決の課題曲は・・・

25-25/iri

25歳になったiriの葛藤をうたった歌詞。葛藤を力に変えるポジティブな歌詞。

ボーカルレッスンでは・・・

RINは「口があいていない」と指摘される。

口を大きく開けることによって、声が倍になることをアドバイスしてもらった。

また、歌詞のことを考えていないので、歌詞のことを伝えようとして、日本語を大事に歌ってほしいとアドバイスされた。

リョンリョン先生は、RANにタウTHE具て「おっとりして、ぼーっとしている」と、性格と姿勢の悪さを気にしていた。

ずっしりと立つように基本的な姿勢からアドバイスを受ける、どちらかというと発声の練習よりも姿勢のアドバイスの方が長かった。

いよいよ本番。

プリンセスのRINが最初でチャレンジャーのRAN続いてパフォーマンスをした。

りょんりょん先生の評価は・・・

RINは上唇の上と鼻の下の部分が全然開かずに歌っていたけれど、「今回は空いていた」と褒められた。

また、言葉によって開けなきゃいけない時とか、歌詞によってバリエーションを変えるなどアドバイスされた。

RANはおっとりさんで姿勢も悪かったけど「練習の時よりも10倍ぐらい良くなってると思います。」と成長を褒められていた。

どちらも成長が感じられたステージだった。

Sponsored Link

ROUND2

ダンス対決の課題曲は・・・

Not Shy/ITZY

早いビートとアップテンポな曲。

「ITZYが持っている雰囲気が強いのでそれを真似することで自分ができたと勘違いしてしまう。

コピーするのは大事だけど、これほど自分を見せなきゃいけない曲はない」とウンギョン先生は練習生のオリジナリティを強く重視している。

ダンスレッスンでは・・・

RINはPRINCESSになったプレッシャーでふだんのようにいきいきと踊れなかった

「プレッシャーの辛さに打ち勝つこともこの職業で絶対に必要なことだから、何か辛いことがあれば話してください」とウンギョン先生がRINをハグ。

「泣かないで、赤ちゃん」

「一生懸命練習してよ」

優しい先生の言葉に涙するRIN。

RANのチェックでは・・・

他の子よりもこのミッションに対して態度から違わなければならない。」

振り付けを覚えていないRANに厳しい言葉。

「RANは一般人はない、アーティストとして基本的なことができていないと・・・」

先生の言葉にショックを隠せない様子だったが一生懸命練習する。

他の練習生たちにチェックしてもらいRANにも少しずつ変化が・・・。

そして、いよいよ本番・・・。

ROUND2はRANが先にパフォーマンスをして、次はRINがパフォーマンスをした。

ウンギョン先生の評価は・・・

RANに対して「私たちのジャイアントベイビーが成長しました。」とRANの頑張りを褒めた。

「実力が伸びないと泣くほど怒ってきたけど、RANが今日のステージで自分が可能性あるアーティストだと証明したと思います。ですがもっと努力しなけらばならない」

RINに対して「13歳と思えないほどの筋力と余裕を持っています。可能性を持っているだけで完璧なアーティストではありません。自分自身の才能に満足するだけでなく、色んな人に認められるアーティストになってください。今日はよく頑張りました。」とプレッシャーを跳ねのけ、RINらしくパフォーマンスができたことに評価された。

RIN VS RAN 審査結果

RIN VS RAN 審査結果・・・

RIN・・・PRINCESS

RAN・・・CHALLENGER

 

RINのコメント

「落ちたらどうしようか考えてしまって不安だったんですけど、こうやって選んでもらえてうれしいですし、またプリンセスでいられるように、もっともっと努力して頑張っていきたいと思います。」

RANのコメント

「私はまだまだ成長過程なので、これからはもっと成長した姿をお見せできるように精一杯がんばります。」

2人とも成長が見られたステージだった。

次のミッションでもっともっと成長した姿を見られることを期待したい。

Sponsored Link

フープリ(Who is princess?)第6話 ネタバレ感想

フープリ(Who is princess?)第6話が2021年11月7日「シューイチ」内で放送後、完全版がhuluで配信予定です。

フープリ(Who is princess?)第6話ネタバレ感想は、放送終了後に更新します。

BATTLE5では正反対な性格な2人でしたが、どちらも頑張っていたと思います。

自信を持つように言われてもなかなか変えられないと思いますが、自信を持つ為にテクニック的なところで補おうと研究を重ねていたNIJIKAは偉いなと思います。

ステージ前に声が突然苦しそうにしていた時は心配しましたが、パフォーマンスの時はしっかり歌えていたのでよかったですね。

また、RINNKAも自信だけ見えて努力が見えないと指摘されていましたが、練習は頑張っていたと思います。

そこは先生がやはり厳しく審査されていると思うし、表現についてどれだけ研究できていたかの差がついて勝敗を分けたんだと思いますが、RINKAも頑張っていたので、次のミッションでもっと成長したRINKAが見られたらいいなと思いました。

そしてBATTLE6では、RANが褒められていたことが嬉しかった。

体が固いと怒られていたミッション1。

そんな彼女が厳しいダンスの鬼に「私たちのジャイアントベイビーが成長しました。」と言われていた時はほっこりしました。

プレッシャーで自分らしく踊れていないRINに対しても、練習中にハグするなど、ウンギョン先生の鬼じゃない一面、すごく優しいお母さんのような一面が見られて感動しました。

審査では「よく頑張っていました」と褒められていましたが、とてもカッコ良かったと思います。

どちらも練習の時より上手になったのでかっこよかったです。

今回入れ替えはありませんでしたが、次のミッションでも頑張ってほしいと思います。

フープリ(who is princess?)第6話ネタバレあらすじ!まとめ

今回はフープリ(Who is princess?)第6話 ネタバレあらすじ感想をまとめまです。

フープリ(Who is princess?)第6話が2021年11月7日「シューイチ」内で放送後、完全版がhuluで配信されました

フープリ(Who is princess?)第6話ネタバレあらすじは、放送終了後に更新します。

BATTLE 5ではNIJIKA VS RINKAで、NIJIKAがプリンセスになりました。

BATTLE6ではRIN VS RANRINがプリンセスになりました。

記事内画像設定:Twitter(Who is Princess【公式】)

 

恋愛ふりーくす