M愛すべき人がいて(ドラマ)全話ネタバレあらすじ感想に最終回結末!小説との違いは?【AbemaTV】

M愛すべき人がいて(ドラマ)最終回までの全話ネタバレあらすじと感想に小説との違いと結末は?【AbemaTV】画像

スポンサーリンク

M愛すべき人がいて(ドラマ)全話ネタバレあらすじ感想に最終回結末!小説との違いは?【AbemaTV】【AbemaTV】

 

テレビ朝日とAbemaTVが共同制作したドラマ【M愛しすべき人がいて】が4月18日(AbemaTVは4月19日)より放送開始されました。

 

【M愛すべき人がいて】(ドラマ)全話ネタバレあらすじを知りたい!

【M愛すべき人がいて】のドラマと小説との違いは?

【M愛すべき人がいて】(ドラマ)最終回結末は?

 

このベージでは、M愛すべき人がいてドラマ)のネタバレあらすじ感想と、ドラマと小説との違いを1話から最終話まで全話まとめています。

 

また、最終回は放送終了後、速報で結末を更新します。

 

関連記事M愛すべき人がいて(ドラマ) キャスト・相関図 !白濱亜嵐、田中みな実が出演!メイ役は?【AbemaTV】

M愛すべき人がいて(ドラマ) キャスト・相関図 !白濱亜嵐、田中みな実が出演!メイ役は?【AbemaTV】

 

スポンサーリンク

M愛すべき人がいて(ドラマ)とは

1990年代から2000年代にかけて音楽業界で輝いた歌姫・浜崎あゆみの誕生の裏にあった秘められた出会いと別れを描いた小説M 愛すべき人がいて」(小松成美著・幻冬舎文庫刊)が、2020年4月についに実写ドラマ化!!

 

主演は安斉かれん三浦翔平

 

アユ浜崎あゆみ)がマサ松浦勝人)と出会い、トップアーティストに成長するまで激動の日々と、2人の愛やと別れを壮大に描いたストーリー。

 

放送作家・鈴木おさむの脚本で大映ドラマのようなキャラクターを登場させるなど、ドラマのオリジナリティを足して演出しています。

M愛すべき人がいて(ドラマ全話ネタバレあらすじと感想に小説との違い

M愛すべき人がいて(ドラマ)の1話から最終回までの全話ネタバレあらすじ感想と小説との違いについて確認して行きましょう。

M愛すべき人がいて(ドラマ)1話 ネタバレあらすじと感想

M愛すべき人がいて(ドラマ)初回1話『俺の作った橋を渡れ』はテレビ朝日2020年4月18日23:15〜24:05(AbemaTV 4月19日22:00)放送されました。

「アユ、俺の作った虹を渡れ!」福岡から上京したアユは、高校に通いながら細々とエキストラをこなす日々。 ある日、ディスコ・ベルファインで、カリスマプロデューサー、マックス・マサが次のスターを探していると聞く。運良くマサに出会えたアユだったが、勢いで反抗してしまい…。歌姫誕生に隠された愛と真実の物語、いよいよ開幕。

引用AbemaTV

ベルファインにVIPルームで、芸能界に夢見る女の子たちを顔だけ見て次々と切り捨てていくマサに、「神様ですか!?」と文句を言うアユ。

マサはそんなアユを気に入り、2人で会って歌を指南することも・・・。

アユとマサが会うのを面白くない秘書・姫野礼香や、アユの事務所の中谷社長は2人が会うのを邪魔をするが、アユは事務所を辞めてマサの元へ。

「俺のところへ来い! 俺の作った虹を渡れ!」

こうしてアユはマサのプロデュースを受けることになるが、引き抜きがご法度の芸能界。

二人の前に立ちはだかる壁をどう乗り越えるのか・・・。

 

アユとマサのディスコでの出会いが運命的な感じでしたね

理沙と一緒に行ったのに、アユが選ばれて、後から仕返しが怖い気もしますが・・・。

「俺が選んだんじゃない!神が選んだんだ!」

「俺の作った虹を渡れ」

言葉のチョイスがちょっと気になりましたが、そこが大映ドラマを思わせる演出なのかな?と思いました。

運命的な出会いとマサの熱い思いでプロデュース、シンデレラストーリーのような展開だなと思いました。

第2話の展開も楽しみです。

M愛すべき人がいて(ドラマ)1話 小説との違い

M愛すべき人がいて 初回1話『俺の作った橋を渡れ』のドラマと小説との違いです。

〈アユをベルファインに連れて行った友人〉

・アユをヴェルファインに連れて行ったのは、ドラマでは同級生の玉木理沙だけど、小説ではメイという女優の友人。

〈マサとの出会い〉

・ドラマではヴェルファインで流川がマサに言われて女の子たちに声をかけ、その時にアユもVIPルームでマサに初めて会っていますが、小説では流川の役はありません。

ヴェルファインのVIPルームにあゆが通してもらえるようになったのは通い始めてから1年後ぐらいです。

 

〈アユの前事務所とのやりとり〉

・ドラマでは事務所を辞めてマサの元へ行く時に、前の事務所との間で揉めていますが、小説ではアユは契約更新時に自ら更新せず、前の事務所を辞めたことになっています。

 

〈小説にはHIROも出てた〉

小説では、松浦氏(マサ)の仲間内の食事にあゆ(アユ)も度々一緒に行っていて、そこにはHIROの姿もありました。

 

 

ドラマでは流川、姫野礼香など、小説には出ない人物が登場しています。

メイは小説のみでドラマには登場しませんが、代わりに玉木理沙と言うキャラクターをメイとは違った形で登場させているようです。

 

メイに関する記事はこちら↓

M愛すべき人がいて(ドラマ) キャスト・相関図 !白濱亜嵐、田中みな実が出演!メイ役は?【AbemaTV】

 

スポンサーリンク

M愛すべき人がいて(ドラマ)2話 ネタバレあらすじと感想

M愛すべき人がいて(ドラマ)2話『いいダイヤの原石だ』はテレビ朝日2020年4月25日23:15〜24:05(AbemaTV 24:05~)放送されました。

「いいダイヤの原石だ。」アユを引き抜こうとするマサは、アユの事務所の社長の中谷に「アユを譲ってください」と許しを請う。土下座までするマサに心を動かされ中谷は移籍を認める。歌手を目指すアユは、3カ月間ニューヨークへ渡り、そこで鬼講師・天馬まゆみにしごかれることに…3カ月後、帰国したアユを待ち受けていたのは想像を絶する嫉妬渦巻く合宿だった…

引用AbemaTV

天馬まゆみが、アユを罵倒したり、水をぶっかけたり、パワハラぶりが凄まじかったけど、笑えました!

さすが、水野美紀さん。

合宿での女の子たちの虐めはひどいものでした。

足をひっかけて転倒させたり、シューズに画鋲を入れたりいじめ方が古典的すぎた!

挙げ句の果てに、アユは理沙によって怪我をさせられ、大きなハンデのまま、デビュー試験のマラソン参加!

マラソンはもちろんビリで走っていたけれど、マサの叱咤激励で気合が入って猛反撃!

アユは次々と他の女の子たちを抜き去り、最後の最後に理沙を抜いて1位でゴール!

怪我して一番重いリュック背負わされて、1位なんて無理じゃない?と思いましたが、そこがドラマの面白さで、アユの精神力の強さを表現したのかなと思いました。

歌姫の栄光の裏には、鬼講師のしごきや、同期のイジメ、いろいろと苦労したのだなと思いました。

 

M愛すべき人がいて(ドラマ)2話のネタバレあらすじはこちら

M愛すべき人がいて(ドラマ)2話ネタバレあらすじに視聴率と感想『アユはダイヤの原石』

 

M愛すべき人がいて(ドラマ)2話 小説との違い

M愛すべき人がいて2話『いいダイヤの原石だ』のドラマと小説との違いです。

〈ニューヨークの鬼講師〉

・ドラマでは、アユは、ニューヨークで鬼講師・天馬まゆみの厳しいしごきを受け、バケツの水をかけられるシーンがありますが、小説の講師・まゆみは厳しいけど、水ぶっかけしていません。

「そんな顔するなら二度と来ないで」と言われたのは一緒です。

〈マサがプレゼントしたコート〉

・ドラマでは、マサがニューヨークに会いにきて、コーチのコートをプレゼントしますが、小説でマサがプレゼントしたのはプラダのコートです。

〈合宿の虐め〉

・ドラマでは理沙や他のガールズグループ候補生によって、悪質なイジメを受けますが、小説では陰口や無視程度でした。

・ドラマでは合宿最終日にガールズグループの選抜やアユ自身のデビュー試験をする為に、マラソンで競っていましたが、小説には走り込みのようなトレーニングはあっても、マラソンの試験はありませんでした。

 

ドラマは小説よりもニューヨークの講師のレッスンや合宿でのイジメを過激に演出している気がします。

 

水ぶっかけはやり過ぎですねw

 

スポンサーリンク

M愛すべき人がいて(ドラマ)3話 ネタバレあらすじと感想

アユはM愛すべき人がいて(ドラマ)3話『お前はアーティストになるんだ!』はテレビ朝日2020年5月2日23:15〜24:05(AbemaTV 22:00~)放送予定です。

 

M愛すべき人がいて(ドラマ)3話はまだ放送されていません。

M愛すべき人がいて(ドラマ)3話は、テレビ朝日2020年5月2日23:15〜24:05(AbemaTV 5月3日22:00~)放送予定です。

M愛すべき人がいて(ドラマ)3話のネタバレあらすじは放送終了後に更新します。

レコード会社A VICTORYの社長・大浜(高嶋政伸)は、流川翔(白濱亜嵐)がプロデュースする4人組ガールズグループにアユ(安斉かれん)を追加して5人組でデビューさせるとマサ(三浦翔平)に告げる。反論するマサだが、決定事項だと一蹴されてしまう。会社の決定になすすべもないマサは、アユにガールズグループのセンターとして4月8日にデビューすることが決まったと報告する。ソロでのデビューを夢見ていたアユは、複雑な気持ちを押し殺して無理に喜んだふりをするが…。
翌日、マサは会議にアユを連れて行き、役員たちの前でソロデビューさせると告げる。しかし、大浜やほかの役員たちは、アユを見て口々にこき下ろし始める。何を言われても笑顔で耐えるアユの姿を見たマサは、アユが売れなかったら会社を辞めると宣言する。
一方、マサの秘書・礼香(田中みな実)は、「あなたは泥棒の手をしている。私の大切なものを奪わないでね?」とアユに宣戦布告し…。
ある時、ふとアユが語る言葉の数々を思い出したマサは、アユに歌詞を書いてみるよう指示。彼女の紡ぐ言葉が人々の心に響くと考えたマサは、アユを“アーティスト”として売り出そうと考えたのだ。作詞なんて無理…と弱気になるアユだが、祖母・幸子(市毛良枝)の励ましを胸に、自分の思いを歌詞に込める作業に没頭する。
アユが初めての作詞に四苦八苦する中、心の支えでもある幸子が倒れてしまう…。

引用AbemaTV

 

アユが書いた歌詞もすごいけど、アユの詩の才能を見出したマサの目もすごい!

よく見てたら、浜崎あゆみさん、デビュー曲から歌詞を書いていたんですね〜

 

そして、礼香の嫉妬も相変わらずすごかった。

CMでも見られた「ゆるさなーーーーーーーーい」が長すぎて、怖いけど、面白かったです!

いじめも相変わらずすごかった。

アユも栄光も面白いけど、ドロドロ演出もまた面白い!!

 

M愛すべき人がいて(ドラマ)3話のネタバレあらすじはこちら

M愛すべき人がいて(ドラマ)3話ネタバレあらすじに視聴率と感想『加速する女の嫉妬!アーティストへの道』

M愛すべき人がいて(ドラマ)3話 小説との違い

M愛すべき人がいて3話『 お前はアーティストになるんだ!』のドラマと小説との違いです。

 

M愛すべき人がいて(ドラマ)3話はまだ放送されていません。

M愛すべき人がいて(ドラマ)3話は、テレビ朝日2020年5月2日23:15〜24:05(AbemaTV 5月3日22:00~)放送予定です。

M愛すべき人がいて(ドラマ)3話のネタバレあらすじは放送終了後に更新します。

〈グループのボーカルとしてのデビューを提案したのはマサだった〉

ドラマでは最初アユのデビューをガールズグループのボーカルにすると提案したのは、大浜社長でしたが、小説ではマサが提案していました。それをアユの直談判によって、ソロに変更となったのはドラマと小説同じです。そもそもガールズグループというのはドラマのオリジナルです。

 

〈アユは詩を手紙に書いてマサに渡した〉

小説ではアユは詩を書くように言われて、どのように書いたらいいか分からず思いついた秘策が、ありのままの気持ちを手紙にしたためて書くことでした。ドラマでは詩を手紙に書いてはいません。

 

〈作詞の為に祖母の死に目に間に合わなかったのではない〉

ドラマでは、危篤だと知って休みの許可をもらって福岡へ帰ろうとしましたが、アユは作詞を完成させてから帰ると言って帰省を延期した為、祖母の死に目に間に会えませんでした。アユは霊安室で祖母の姿を見て泣き崩れています。

小説ではデビュー曲の詩は完成していてレコーディングも始まって多忙の中、祖母が亡くなったと知らせが入りました。

 

小説の「作った詩を手紙に書いて渡すシーン」はドラマでもやって欲しかったです。

 

「M愛すべき人がいて」は事実に基づく小説なので、浜崎あゆみさんが実際これをやってたら、なんてドラマティックな人なんだろうと想像しちゃいました。

 

スポンサーリンク

M愛すべき人がいて(ドラマ)最終回結末

M愛すべき人がいて(ドラマ)最終回放送分です。

M愛すべき人がいて(ドラマ)最終回はまだ放送されていません。

M愛すべき人がいて(ドラマ)最終回の結末は放送終了後に更新します。

 

M愛すべき人がいて(ドラマ)最終回結末 小説とのちがい

M愛すべき人がいて(ドラマ)最終回送分の内容と小説との違いを解説します。

M愛すべき人がいて(ドラマ)最終回はまだ放送されていません。

M愛すべき人がいて(ドラマ)最終回の結末は放送終了後に更新します。

 

スポンサーリンク

M愛すべき人がいて(ドラマ)全話ネタバレあらすじ感想に最終回結末!小説との違いは?【AbemaTV】まとめ

今回は、テレビ朝日AbemaTV共同制作ドラマM愛すべき人がいて】のネタバレあらすじ感想小説との違いと1話から最終回結末まで全話まとめています。

 

M愛すべき人がいて(ドラマ)最終回はまだ放送されていません。

M愛すべき人がいて(ドラマ)最終回のネタバレあらすじは放送終了後に更新します。

 

 

1話から最終回までのネタバレあらすじと感想は毎週放送終了後に更新致します。

 

記事内画像出典:AbemaTV